読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

蔵からの便り <蔵開き>

今日、帰宅すると2つの蔵から蔵開きの案内が届いていました(^_^)

その蔵は「御代櫻醸造」「原田酒造」です。

まずは「御代櫻醸造」の蔵開きから

2013 新酒披露~師走の酒蔵へおんさい~

2013年12月7日(土)、8日(日) 10:00~15:00

 今年の秋に収穫された地元美濃加茂市産「あさひの夢」を全量使用した鮮度抜群の「しぼりたて」が当日のみ販売されます。
4号瓶 ¥10001升瓶 ¥2000

昨年と同様であれば、空の瓶を購入して目の前でタンクから詰めてくれます。昨年同様であれば、無料の甘酒、振る舞い酒と有料試飲があります。有料試飲では明記されていませんでしたが、杜氏さんにおたずねしたところ、この蔵の新しい銘柄「津島屋」として販売予定のお酒で、4種ありましたが、どれもおいしく、やや家からは時間がかかりましたが行く甲斐があるものでした。

 

次に「原田酒造」さんの蔵開きです。

2013年12月8日(日) 11時~16時

JR東浦駅から随時無料送迎があります。

この蔵の酒の銘柄は「生道井(いくじい)」と「衣が浦若水」というものがあります。

この蔵の蔵開きの特筆すべきところは(昨年同様であれば)目の前で絞った正真正銘の搾りたてをふるまってくれることです。同じ造りの1週間前に絞ったというお酒も昨年試飲しましたが、鮮度がまったく違いました。あのフレッシュ感はある意味反則です(^_^;本音を言うと目の前の搾りたてを売って欲しかった!!

 

今年もいよいよ蔵開きシーズンの開幕です。ただでさえ年度末は仕事が忙しいのですが、今期はプラスアルファの仕事をおおせつかっていて多忙が目に見えてますが、時間の許す限り蔵を訪ねて行きたいと思います!!