読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

行ってきました!! 御代櫻 新酒披露 蔵開き

蔵からの便り <蔵開き>でお知らせしました御代櫻醸造の「新酒披露」の蔵開きに行ってきました!!もちろんwith愛妻で!!

この蔵の「津島屋」は昨年の「岐阜の地酒に酔う」で出会って以来、私の中では外せない定番の日本酒の一つです。 私は出張で東京にもちょくちょく行くのですが、先日、出張先の近所のお店でも「津島屋」が飲めるお店を発見しました。そのお店に一緒に行った人は東京在住の大手企業のとある分野で国際的にも活躍されている方なんですが日本酒の味も良くわかる方なんです。その日は、たまたま夕方二人で会議が終わったところだったんですが、その人が「ちょっと気になる店があるんだけど、行ってみる?」と誘われたので、もちろんお誘いに応じました。

で、行ってみて日本酒のメニューを見るとあるはあるは、銘酒の数々!その中で「津島屋」の3文字が目につきました。私は「これ、旨いです。最初の一杯はこれにしましょう!」と言いました。その人も私の日本酒好きを良くご存じなので、「じゃあ、それで!」と快諾され、いざ呑んでみると「旨い!!」と一言。私は心の中で「そうでしょう、そうでしょう」とほくそ笑んでました。

ちょっと脇道にそれました。蔵に着いたのは12月7日土曜日の1時頃、駅からやや距離があるので蔵に着くまでは、それらしい人にも中々すれ違えず「ほんまに今日??」という感じでしかも雨がしょぼしょぼ降ってくる始末。でも、蔵に着くとお客さんもそれなりに見えてお目当ての有料試飲のコーナーには杜氏さんが待ってました。去年の有料試飲は4種類だったのですが、今年はなんと6種類です。

まず杜氏さんの元に行くと、「いつも、ありがとうございます。」とご挨拶をいただきました。会うたびに、愛妻に「ご迷惑だよ!」と怒られるくらい長話をしているので顔は覚えてもらっているようです(^_^)

で、「全種類、おすすめの順番にお願いします。」とお願いしました。
ちなみに有料試飲で用意されていたのは以下の通りです。

①純米大吟醸 兵庫県産山田錦 火入れ H24BY ¥200
②純米大吟醸 兵庫県産山田錦 生酒 H24BY ¥200
③純米酒 ビンテージ 1995 ¥200
④純米吟醸 長野県産美山錦 生酒 H24BY ¥100
⑤純米吟醸 あさひの夢 新酒生酒 H25BY ¥100
⑥純米酒 長野県産美山錦 新酒生酒 H25BY ¥100

おすすめでいただいた順番は⑤→⑥→④→②→①→③でした。どのお酒ももちろんおいしかったのですが、私と愛妻共に一番気に入ったのは②の純米大吟醸でした。お話を伺ったところでは、①が精米歩合45%、②が50%で精米歩合精米歩合的には①のほうが上?なんでしょうが、単純な味覚の私たちには生酒の持つフレッシュさが口にあったようでした。
杜氏さんとお話している途中で「三十七歳の春」の酒米を作られている農家の方が見えたりして、また違った感激!もありました。

f:id:shimonof13:20131208235400p:plain

その後も、この場所で出会った蔵開きの達人の「師匠」とお話ししながら飲み続けたので、結構呑んだかも(^_^;
昨年は、蔵開きのタイトルでもある「新酒」(純米酒の搾りたて)は重いので4合瓶を買って帰ったのですが、今年は頑張って1升瓶を買いました。そして、この蔵で出た良質の酒粕で漬けた漬物「ライン漬け」も一緒に買って帰りました。(^_^)

f:id:shimonof13:20131208235857p:plain

PS.これから春までの季節、蔵開きが目白押しですが、その一方仕事も忙しくなるので悩ましいところです(^_^;