読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

屯(たむろ)で堪能しました!! 三十九才の春 他

 先日の東京出張の際にまたまた新橋の屯に行ってきました。このお店の事は以前にも書いていますが、いい日本酒が揃っているだけなく、肴がうまいんです。しかも肴は魚だけなく肉も野菜も旨い!

 このお店に来た際には、基本的に食べ物もお酒もお任せで何が出てくるのか分からないのですが、私やいつも幹事をしてくださるMさんが「津島屋」好きであると大将にはインプット済みなので、その辺りの事をお店が考慮して出してくれるので、うれしくて何度も行っちゃうんですよねぇ~(^_^)

 で、少し前の話になるのですが、東京とは反対の大阪に出張している際に、Mさんから電話がかかってきました。Mさんとは別の会社なのですが、色々と一緒に仕事をしている仲です。電話がかかってきたのはもう夜で私は食事中(もちろん飲んでました(^_^;)で、「何か急用かな?」と思い電話に出ました。すると、電話の向こうが何やらテンションが高い??Mさんは「今、屯なんだけどさぁ。」と来たので、今から来ないか、というお誘いかと思い「今、大阪にいてますので屯には行けませんよぉ!」と言ったのですが、どうもお誘いではなく、「三十九才の春を出してもらってさぁ、十四代も出してもらったよ! 以上、報告でした!」とのこと。なんの事はない、ただの酔っ払い電話でした(^_^;

 そんな訳で、密かに「屯に行けばまだ三十九才の春があるかも?」と期待していました。まぁ、日にちが経っているし、お店にあっても、出してもらえるかどうかは、分かりませんが・・・(^_^;

 そして、お店に入って行きカウンターの奥の冷蔵庫を見ると、おおっ!そこには三十九才の春のラベルが見えるではありませんか! 思わず「三十九才見っけ!」と大将に聞こえるように叫んでしまいました。我ながらあさましい・・・(^_^;

f:id:shimonof13:20150618180232p:plain

 そして、宴会が始まり、まずは徳利が出されました。「白神です。」とのこと。しばらく前に蔵が全焼してしまった蔵ですが、まだ酒屋さんに残っていたストックだそうです。ちなみに現在「白神」は「じょっぱり」の蔵で間借りして酒造りを再開されているそうです。

 そして、白神を飲み干したところで、Mさんが「大将! 次 お願いします。」と声をかけると大将と店員さんが冷蔵庫からゾロゾロお酒を出してきました。テーブルの上に何本かの一升瓶がドカン!ドカン!と置かれました。いつものパターンです。そこで、さぁ待ってましたと「三十九才の春」の登場です。しかも1本は残り少ないので、とまだ口開けしていないまっさらの1本も出してきてくれました。「大将!ありがとう!!(^_^)」 いやぁ、やっぱり「三十九才の春」は旨いし、おいしい。いいお酒です。3月出荷のお酒がまだあるとは東京恐るべし、というかずるいなぁ、でもその恩恵も受けていますが(^_^; 一緒にいたHさんは、予想通り、ラベルをゲットするため一升瓶を持ち帰りました(^_^)

 「三十九才の春」は飲むのに集中していて、写真を撮るのをすっかり忘れていましたが、その他のお酒はしっかりと撮影しました。

 「雨後の月 純米吟醸 山田錦」、「不動 夏吟醸 無濾過生  純米吟醸」、「楯の川  美しき渓流」

f:id:shimonof13:20150618180404p:plain

 「瀧自慢 純米吟醸 雄町」、「若駒 雄町50 無濾過生原酒」、「東洋美人 原点 直汲み生」、「相模灘 純米吟醸 雄町  無濾過生原酒」

f:id:shimonof13:20150618180428p:plain

 

屯でいただいたお酒は9種類、けっこういただいたのですが、勢いがついた精鋭?5名は、以前、紹介した而今のお店に突入しました。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村