なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「タクシードライバー」

2017/5/17追記 思うところあって、この蔵のお酒、今は購入していません。何よりも大きいのは2年勤められていた森川杜氏が辞められたこと。またこんなことがあったりと蔵の姿勢に????が付いたからです。残念です。

 

 「タクシードライバー? なんのこっちゃ?」という方がほとんどでしょうね。なんか映画のタイトルのようですが、りっぱな日本酒の銘柄なんです。岩手県喜久盛酒造純米酒です。普段だったら、なんとなく奇をてらったような銘柄は敬遠するところなんですが、ツイッター上でこの「タクシードライバー」に関するツイートを見てなんとなく、自分好みでは?と感じていました。「屋守(おくのかみ)」も初めは他の方のブログで知り、そこでの味わいの表現が、自分好みな感じがして、実際に飲んでみると実際に私好みでしたので、そういう酒飲みの感は多分外れないでしょう(^_^) 

 で、ある時栄の丸栄の日本酒売り場で「タクシードライバー」が販売されているのを見かけました。その時その後の用事があったので、後ろ髪を引かれる思いで泣く泣く後にしたのですが、先日夕方に栄で仕事があったので、その帰りに「まだあるかな?」と期待して丸栄の酒売り場に行きました。するとちゃ~んと、タクシードライバーくんは私を待っていてくれて、買って帰りました(^_^)

 帰宅して愛妻に「タクシードライバー」なる酒を買ってきたと言うと、案の定「何それ!」という反応でした。確かに名前は「何それ」って感じなのですが、自分の直感を信じいざ開栓!!(おおげさやなぁ(^_^;)

f:id:shimonof13:20150710122659p:plain

  まず香りから。程よい感じです。お酒に限らず、香りと言うのはほどほどにかすかに感じるくらいが好きです。デパートの2階には、化粧品売り場が多いですが、そこに行くと鼻が曲がりそうになります。客もそうですが、そこで働いている人は間違いなく嗅覚がダメになっているでしょう。きっとデリケートなお酒の香りなんて、理解できないでしょう、気の毒だなぁ〜、と勝手ながら考えてしまいます。

  またまた、得意の横道にそれてしまいました(^_^; 香りを確認した後は口にそっと含みます。旨みがあるという事は、耳に入っていたので、想定内だったのですが、+αで、初めて感じる甘み?がそこにはありました。今までも、いろんな日本酒の甘みは経験していますが、どの甘みとも異なるタイプの甘みなんです。人によっては単純に雑味と感じるかもしれません。良く言うと渋い大人の甘味という感じでしょうか。好みが分かれるタイプの味です。正直、私自身も100%好みの味では無いのですが、何か惹かれるところがあるんです。その雑味が妙に?アクセントとなり、全体にメリハリを付けつつ、しかし角がたたず、丸みを持っています。欲を言えば、(私の感覚で)雑味分をもう若干抑えて、もう少し酸を効かせれば、雑味の利き方が「妙→絶妙」になり、より完成度の高いお酒になるような気がします。

f:id:shimonof13:20150710123037p:plain

このお酒のいわれについてはこちらに詳しく書いてありました。

なるほど、酒の席での約束は守る、素晴らしい蔵元です(^_^)。タクシードライバー自体何種類かあるようなので、また違う種類の物も飲んでみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村