読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「未確認浮遊酵母?穂仕込」

 今回、初めていただいたこのお酒、表ラベルを見ても何と読むのか良く分かりません(^_^;)最近、こういったお酒が多いような?感じがします。ブログを書く際に迷います。

という訳で、まずは写真をご覧ください。

f:id:shimonof13:20161106211317p:plain

 遊び心満載のラベルです。私は遊び心は嫌いではありませんが、過度な遊びは「受け狙い」に見えるので引いてしまいます。このラベルはそのしきい値を超えるか超えないか微妙なところでした。それでも購入に至ったのは、知っている蔵で、かつ私の好きなタイプのお酒を醸している蔵だったからです。この蔵のお酒を知っている方であれば、このラベルを見てピン!と来たかと思います。そう、石川県の御祖(みおや)酒造の「遊穂(ゆうほ)」という銘柄のお酒です。「ゆうほ」と”UFO”をかけたんですね(^_^)

 裏ラベルを見ると「生酛純米・無ろ過生原酒(酵母無添加)」とあります。最近は新政を初め生酛造りをする酒蔵、日本酒は増えていますが着目すべきは『酵母無添加』の文字かと思います。裏ラベルの中ぐらいに「酵母は添加せずに、蔵に付く天然の酵母が醸した日本酒です。」とあります。そう、このお酒は「蔵付き酵母」で醸されているのです。協会酵母や各県等で開発された酵母、抽出され培養された酵母の使用が一般的かと思いますので、昔ながらの蔵付き酵母を使うお酒は、珍しいかと思います。ひょっとしたら今まで飲んだことがあるかも知れませんが、意識していただくのは初めてです。

 

f:id:shimonof13:20161106215022p:plain

 さて、まず香りですがふわっとやわらかい香りで、決して強い芳香を放つものではありません。味わいもやわらかく旨みがある感じです。決してワイルドなガツンとした感じ、「米・米・米!!!」と主張するような強い味ではなく、包容力のあるやわらかい味わいで、料理の邪魔をしない食中酒としてバッチリでした。ついつい飲み続けてしまいました(^_^)

 話は変わりますが、お酒には「早飲みタイプ」と「遅飲みタイプ」があるかと思います。前者は開栓して、すぐにおいしく頂けるタイプ、後者は時間を置くかデキャンタージュしてからの方がおいしく頂けるタイプのことです。一般的に生酒は前者で、時間を置くと劣化、老ねが入ると言われています。ただ私個人の感想では、生酒でもある程度時間を置いた方がいいお酒、あるいは開栓直後もいいし時間が経って味わいは変わるけれどもまた違ったおいしさが味わえるお酒があるかと思います。今回いただいたUFO(遊穂)はどちらかと言うと「早飲みタイプ」でしょうか?時間が経っても、劣化は感じませんがやや硬さが出てきたような気がしました。もう飲み干してしまったのですが、ひょっとしたらぬる燗にすると、良かったかも?今度機会があれば試してみたいと思います。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

余談1

 個人的には「早飲みタイプ」の代表選酒は「新政 No.6シリーズ」ですかね。4合瓶なので、早飲みはぴったりです。二人なら余裕で一気に空いちゃいます。一人でも・・・(^_^; 一方「遅飲みタイプ」はお酒にもよりますが開栓直後はいわゆる「セメダイン臭」がして、味もカッチカチだったりする場合がありますが、時間が経つにつれ柔らかくなったりする場合があります。デキャンターと腕があれば、開栓直後もオッケーかも?そして、開栓直後も時間をおいてもおいしいのが「菊鷹」でしょう。山本杜氏曰く「うちのお酒は開けたてはおいしくないから。」と言われていましたが、何をご謙遜!!開けたてのフレッシュさも十二分においしいですし、時間が経ってまろやかになったのもおいしいです。一升瓶で2度おいしい(どっかで聞いたような・・・(^_^;)お酒です。

 

余談2

 「遊び心」についてですが、私はスタートレックが好きです。いわゆるトレッキーです。先日もSTAR  TREK  BEYONDを見てきましたし、若いころは「宇宙大作戦」の再放送を延々と見ていました。デアゴスティーニスターシップコレクションも定期購読しています。そんなマジメ?なスタートレックファンですが、遊び心の集大成とも言えるパロディ版も決して否定することなく楽しんでいます。その一つが「ギャラクシークエスト」という映画です。けっこう古い映画ですが、スタートレックを知らなくても楽しめますが、知っていればより楽しめます。日本では、その手の作品がなかなかなかったのですが、数年前にTVシリーズでやってました。その名も「宇宙犬作戦」。タイトルからして「宇宙大作戦」のパロディです。こちらは、純粋に笑えます。今TVで勇者ヨシヒコシリーズの第3弾が放映中ですが、個人的な感覚では「宇宙犬作戦」の流れを組むのが「勇者ヨシヒコ」ではないか、と思っています。

 長い余談でしたが、ラベルの宇宙人の名前はサンダー君というらしいです。宇宙つながりということでスタートレックネタも書かせていただきました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギャラクシー★クエスト 【DVD】
価格:1030円(税込、送料別) (2016/11/8時点)