読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「寫楽(しゃらく) 純米吟醸 播州山田錦」

 「寫楽」は説明する必要がないほど有名かと思いますが、福島県が誇る宮泉銘醸の醸すお酒です。「寫楽」は私のお気に入りの一つですが、運よくまだいただいたことがない『播州山田錦純米吟醸』をゲットすることができました!ラッキー(^_^)

f:id:shimonof13:20170301202738p:plain

 まず口に含んだ瞬間に感じたのは『気品』という言葉でした。凛とした威厳を持ちつつも威圧感はなく、むしろさわやかな風を感じます。その風は柔らかいのですが、フニャフニャな柔らかさではなく一本筋が通っている、芯がある!そんな感じです。

f:id:shimonof13:20170301202750p:plain

 味わいは強すぎず弱すぎず、という程度に旨みもあります。お酒によっては「水のような」きれいでサラサラしたタイプもありますが、そういったタイプは私の愚鈍な舌では捉えきれないので、余り好みではありません。しかし、この「寫楽」は強烈な旨みこそありませんが、『適度な旨み=気品』が感じられ、食事と合わせても飲み飽きせず、食事に負けることも、また食事を負かすこともありません。意外なマリアージュだったのがローストビーフのキムチ巻きでした。きちんと料理として作られたものではないのですが、食卓に上ったローストビーフとキムチを見て、私のインスピレーションが「巻いて食べる」だったんです。食べてみたら、「いいんじゃない(^_^)」石ちゃんだったら「まいう~っ」と言ってくれるかと思います。で、合わしたのが「寫楽 純米吟醸 播州山田錦」だったのですが、バッチリでした。キムチの刺激的な辛みとローストビーフの旨みが合わさったところにさわやかな風が通り抜けながら、それぞれの味わいをミックスして昇華させてくれます。

 このように日本酒って、(私の個人の見解ですが)ふところが広くてけっこうどんな食事でもマリアージュします。これは、うれしいことでもあるのですが、悩みの種でもあります。と言うのは、何を食べてもお酒が欲しくなる・・・(^_^; 自制心を強く持たなきゃダメですね!!

 

備考:一升瓶で税抜き¥3,900です。
   精米歩合:50%で、絞ってすぐに瓶詰めされて氷点下で貯蔵されたものです。

 

PS.気品がなくても「俺が俺が!!」というタイプの旨みをごり押しするやんちゃさんも実は好みだったりします(^_^)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村