読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

酒の肴 その八 「牛スジと大根の煮込み」

 久々の「酒の肴」です。前回書いたのは昨年の2月27日「手造り!! 塩辛」でしたので、もう1年以上前になっていました。お酒をいただく際にプロの料理を味わいながら、と言うのが理想的かも知れませんが、庶民としては毎晩そんなことはできませんし、やはり自宅でくつろぎながら一杯やるのもいいものです。そんな時に愛妻料理で一杯やるも良し、自分の腕を振るうのも良し。酒飲みたるもの酒の肴の一つや二つは作れねば!!と個人的には思ってます。

 

 で、今回作ったのが「牛スジと大根の煮込み」です。ただの「牛スジ」ではありません。なんと『飛騨牛』の牛スジなんです。まぁ『飛騨牛』と言ってもスジなのでお値段的には非常にリーズナブルです(^_^)それでも飛騨牛飛騨牛でですので、下手なロース肉やステーキ肉よりのおいしい!味があります。(個人的な感想ですが)

f:id:shimonof13:20170326164347p:plain

 今回購入したのは500gのパックです。これで¥1000台。下の写真は解凍したところです。

f:id:shimonof13:20170326164917p:plain

 後は、適当な大きさに切ってまずは下茹でします。そのまま大根と煮込んでもいいのかも知れませんが灰汁(あく)が大量に出ますので、少しは灰汁抜きした方がおいしくなるのでは?と思います。ただ灰汁の中にも旨みが含まれていますので抜きすぎるのも要注意です。私は灰汁を時々お玉で取りながら20分ほど下茹でしました。

下茹でした牛スジをザルで濾します。桂むきして、1.5㎝幅ほどに切った大根と牛スジを鍋に交互に並べていきます。その際に旨みを加えたいので湯で汁を少し戻します。後は、醬油に味醂、市販の白だしをえいやぁ!と絶妙?の加減で入れお湯を足してひたすら煮込みます。煮込みが不十分だと大根も牛スジも柔らかくないし味もしみていません。1時間ほど煮込んだらしばらく放置しておいて、また煮込みます。これを三度ほどやれば完成です。

 できあがったのは、下の写真です。

f:id:shimonof13:20170326170505p:plain

 初めは「牛スジ~??」と言っていた愛妻ですが「おいしい!!」を連発して喜んで食べてました(^_^)

 ちなみに、大根と牛スジを食べ終わっても汁を捨ててはいけません!!冷蔵庫に入れて一晩寝かせてください。素晴らしい「煮こごり」ができています。コラーゲンたっぷり?この「煮こごり」だけでも酒の肴になる一品です。ぜひ酒飲みの皆さん、お試しあれ!!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村