なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「射美 特別純米 R1BY」

 私が毎年、楽しみにしている射美の特別純米を「京・おばんざい素」でいただきました。まずは開栓直後にいただきました。今期の射美は年末に「吟撰」をいただき、そのアルコール添加の技の妙に感動しました。

  下のリンクがその際の感想です。杉原さんはアルコール添加の方法にこだわりがあるので、この感想を杉原さんに伝えたところ非常に喜んでいただけました。

nawan13.hatenablog.com

 それで、アルコール添加をしない特別純米がどんな味わいになっているか、年を越す前からとても楽しみでした。このブログで何度も書いていますが、私は純米信仰ではありませんが、純米嗜好です。(やみくもに酒は純米以外はNGと言うのではなく、アル添でも美味しい酒があるのを認識しています。その逆もありますけど(^_^;)出来、不出来とは別次元で、単に私が濃醇な味わいを好むため自然と純米造りの方が好みのお酒が多い、というだけのことです。親しくさせていただいている杜氏さんからアルコール添加の効果と難しさを聞いており、単にアルコール添加がまがいものではないという認識は持っていました。それが明確にアルコール添加の効果が出ている、これはいい!と私に感じさせてくれたのが、杉原酒造の「千代乃花 特別本醸造」だったのです。ちなみに「千代乃花 特別本醸造」は一升瓶をリピートして二升飲み干してしまいました。本醸造のお酒をリピートしたのは今回が初めてです。

f:id:shimonof13:20200224171549p:plain

 開栓直後の味わいは「甘い!」という感じでした。甘過ぎると感じる人もいるかと思います。もともとこのお酒は甘いのですが、今まで飲んだ射美の中でも一番甘味が強かったかと思います。もちろん旨味もあるのですが、この時点では甘味が勝っていました。

 

f:id:shimonof13:20200224171603p:plain

  そして1週間後、再度いただきました。開栓して空気に触れることによって味がなじんできたはずです。一昔前は生酒は開栓したらその日のうちに呑み切らないとダメになるという論調もありましたが、今ではそんなことは無いと確信しています。開栓してすぐは「おやっ?」とやや期待と外れていても1週間、2週間と置いとくと味が馴染んで良くなることがしばしばあります。

 特別純米の味わいは予想通り甘味が少し抑えられて旨味とのバランスが良くなっています。ネットで他の方の感想を見ると「甘すぎる」という声もありましたが、おそらく開栓直後の感想だったかと思います。家呑みなら自分で開栓してから飲むタイミングをコントロールできるのですが外呑みでは、これが難しいですよね。私は購入できなかったので外呑みですが、運よく開栓直後と1週間後と呑み比べできました(^_^)贅沢言うと2本用意して1本は1週間前に開栓しておいて、2本目を飲む直前に開栓してリアルタイムに呑み比べる・・・そんなことが出来たら夢のようですね!

 f:id:shimonof13:20200224171613p:plain

  そしてさらに開栓2週間後にも飲むことができました。この日はある資格に合格したお祝いで元上司にごちそうしていただいたのですが、元上司も「美味しい!」と素直に喜んで呑んでいました。

 

f:id:shimonof13:20200224171627p:plain


  つい先日「射美 ゴールド シルバー」の出荷が開始されたようです。自分で購入するのはほぼ諦めていますが、なんとか飲めることを期待しています。

 

  

  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村