読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

行って来ました!! 一位にて忘年会

 忘年会といっても愛妻と二人だけですが、ここしばらく忙しくて行けてなかった一位に夫婦で忘年会をするために行ってきました。
 12月27日土曜日、この日は一位の2014年最後の営業日です。私の勤め先は12月26日(金)が仕事納めだったのですが、なぜか私は朝から会社にいました(^_^;  夕方近くになって、無事予定の仕事が終わる目途が立ってきたので、予約を取ろうと一位に電話をすると・・・「満席です」とのこと。意気消沈しながらも帰宅しました(T_T)だが諦めきれない私のために愛妻が再度、一位に電話してくれました。やはり、満席で予約はできないが、席が空けば連絡を入れてくれてキープしてくれるとのこと。自宅から一位までは1時間ほどかかるのですが、無駄足になるかもしれませんが、席が空けば連絡をいれてもらうようお願いし、いざ!一位に向けて出発しました。

 そして、電車に乗ってしばらくすると私の携帯がなりました。一位からの電話です(^_^)カウンター席が空いたとの事でした。30分ほどで着くと伝え、ルンルン気分です。

 ちょうど8時頃のお店に到着。店に入ると、奥さんがカウンター席を示してくれたので席に向かいます。以前、蓬莱泉の遠山さんとお会いした席です。両隣には常連さんらしい方が見えます。

 「大将は?」と尋ねると2階にいるとの事だったので、最初の一杯は自分でチョイスしました。「長珍の生はありますか?」と尋ねると、あるとのことで出されたのが雄町の新聞紙シリーズです。ちょっと愛妻には辛めだったようですが、大将の姿がまだ見えないので、奥さんに「なにか甘めののものを」と頼むと「ほしいずみ」を出してくれました。こちらは愛妻の口にあったようで「おいしい!」と喜んでました。そして、ようやく大将が登場!!おすすめで出していただいたのが長野県佐久の土屋酒造の茜さすです。その後は、蓬莱泉の吟醸工房で一位用に造られたその名も「いちい」をいただきました。その後も2合ぐらいいただいたかと思うのですが・・・忘れました。

 大将を初め、一位の皆さん、いつも、おいしい料理とお酒ありがとうございます。来年もまた、よろしくお願いします。