読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「不動 無濾過生原酒純米吟醸 おりがらみ」

 千葉県の鍋店(なべだな)株式会社が醸す「不動 無濾過生原酒純米吟醸 おりがらみ」をいただきました。酒米山形県産の「出羽燦々」を使用した「春の酒」です。
 おりがらみなので、まずはうわずみをいただきます。きれいな味の中にプチプチと元気なガス感がうれしい!次におりを混ぜていただくと、セオリー通り味わいが増し、ガス感も元気になりました。私達の好みを知っているお店がオススメしてくれた通り!!期待していた味です(^_^)

f:id:shimonof13:20170325161414p:plain

 お酒単体でも美味しいのですが、マリアージュの力量もモチロンあります。牛スジの煮こごりのようなコッテリしたアテでも、このお酒はサラッと流します。ただ流すのではリセットになってしまいますが、次の一口を食べたい、飲みたいと思わせる余韻が繋がっています。豚バラ炒めや、ポテトコロッケも合う合う(^_^)
また一ついいお酒と知り合ってしまいました!

f:id:shimonof13:20170325161425p:plain

 この後、他のお酒を飲んだのですが、そこで感じたのが、このお酒はフレッシュで飲みやすいが、それだけではなく味に深みがある!対比して初めて感じましたが「さりげない飲み口」の背景には深い味わいがある。能ある鷹は爪を隠す、ということでしょうか?このお酒の真髄は他のお酒と比べて初めて分かるのかも知れません。少なくとも私のような愚鈍な味覚の持ち主には(^_^;

価格:一升瓶\2,900

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

いただきました!! 「菊鷹 雄飛 VS 雄飛」

 以前から何度か紹介させていただいている愛知県稲沢市の藤市酒造が醸す「菊鷹」の『雄飛』です。なぜ同じ銘柄でVSなのかと言うと、27BYまでの「雄飛」の造りが「山廃」で、28BYで「速醸」に変わったので、菊鷹ファンとして、その違いを試したかったからなんです。「雄飛」は初めて飲んだ「菊鷹」でもあるので、私にとって思い出深い「菊鷹」でもあります。しかし、27BYのお酒がまだあるの?と疑問を持たれるかも知れません。そうですよね、通常、日本酒は古酒として位置づけされていなければ、1年前に発売されたお酒は通常、手に入りません。まれに特定銘柄にこだわった飲食店が毎年の同じ銘柄のお酒をストックしている場合もありますが、特殊な例ですよね。(あっても、そんなお店はきっと高いでしょう(^_^;)でも、懇意にしている、とある酒屋さんに尋ねたところ27BYの在庫があるとのことでしたので28BYと合わせて購入しました。

f:id:shimonof13:20170320152927p:plain

 そして購入してからしばらく冷蔵庫で待機していただいていたのですが、いよいよ二つの「雄飛」を飲み比べる時がきました。一般的に言うと「速醸」のお酒はあっさりさわやか、「山廃」のお酒の方が味わい深く、ガツン!という傾向にあると思うので「山廃」の味に引きずられないよう「速醸」から、まずいただきました。ちなみにいただいたのは、どちらも「生」タイプです。

f:id:shimonof13:20170320140556p:plain

 「速醸 雄飛」ですが、まず一口。思っていたよりは軽過ぎず、味があります。これは嗜好の問題かと思いますが、きれいさを追求すると「薄っぺたい味」になってしまう傾向があると思いますが、それは私の好みではないので、普段はどちらかと言うと濃潤な味わいのお酒を選んでます。今までの「雄飛」のイメージよりも「ハミングバード」に近い気がします。

f:id:shimonof13:20170320152954p:plain

 次に「山廃 雄飛」をいただきます。やはり味わいがしっかりしています。ガス感も1年経過しているのに、「速醸」より元気です。保存が良いこともあるでしょうが造りの違いもあるのでしょうか?先入観もあるかと思いますがやはり「山廃」の方が好みですね。

f:id:shimonof13:20170320153016p:plain

 色合いを比べると、やや「山廃」の方が山吹色がかっていて、味の違いが色にも反映されているような気がします。ここでふと気づいたのですが、傍らに並べた一升瓶を見ると「速醸」の方が減っている・・・。確かに「速醸」の方が飲みやすいのは確かですよね、体は自然に飲みやすい方を選んでいたようです(^_^)

 味わいの違いが「速醸」と「山廃」の違いだけなのかな?思い、裏ラベルを見ると酵母が書かれていません。下の写真の様に2013年にいただいた「雄飛」は「静岡系」と書かれているのですが28BY、27BYともに酵母の欄自体がなくなっていました。また、22BY(2013年分)は「兵庫産山田錦」100%でしたが、27BYでは麹米が「愛知 夢吟香」掛米が「富山 山田錦」で28BYが麹米が「愛知 夢吟香」で掛米が「兵庫 山田錦」と変わっていました。愛知の日本酒ということで愛知県産の「夢吟香」を採用して、それに合わせて酵母も変えられたのでしょうか? ただおいしく飲むだけの飲み手と違って、造り手は日々研鑽、工夫されているのでしょうね、そのおかげでおいしいお酒をいただけているのですね(^_^)感謝!!感謝!!

f:id:shimonof13:20170320153241p:plain

 

PS.ハミングバードも一緒に合わせて比べればよかった!!でも菊鷹は一升瓶しかないので冷蔵庫に入りきれないかも・・・・(^_^;

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

バージョンアップしました!! 「我が家の燗酒セット」

 以前、紹介させていただいた「我が家の燗酒セット」をバージョンアップしました!!以前の物でも「ちょっとお燗」するには特に支障はないのですが、湯呑の底に猪口を逆さまに置くのが意外と面倒だったり、お湯の量が少ないのですぐに冷めてしまうという難がありました。

 そんな時に「黒龍酒造」のホームページで「燗たのし」と言う商品を見かけました。以前にも似たような商品を「麹町市場」で見かけて、どこかで販売していないか探したのですが残念ながら見つけられませんでした。

f:id:shimonof13:20170320153659p:plain

で、チロリと合わせるとこんな感じになります。

f:id:shimonof13:20170320135045p:plain

ボチボチあったかくなってきて「燗」という気分の季節ではなくなってきましたが、まだしばらく「燗たのし」で「お燗」を楽しみたいと思います(^_^)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【酒器】酒燗具 燗たのし(かんたのし)【春 お花見】
価格:3024円(税込、送料別) (2017/3/20時点)


 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

行ってきました!! 「第50回 なごみの会 東北応援2017」

 何度かこのブログで紹介させていただいていますが、名古屋港近くの「浜鮨」さんの日本酒の会である「なごみの会」に愛妻と参加してきました。今回が第50回です。「なごみの会」では忘年会以外はテーマが決まっており、今回はここ数年定例となっている「東北応援」です。東北の食材を食べて、東北のお酒を飲んで東北を応援しよう!!という趣旨です。

 この写真は「なごみの会」とは無関係です(^_^;浜鮨さんの近くから見た夕焼けに浮かぶ観覧車がなんか幻想的でいい感じでした!

f:id:shimonof13:20170312192107p:plain

 今会の料理はこんな感じです。

「ホタテ」は東北応援テーマの際の定番メニュー?です。貝柱のお刺身ももちろんおいしいのですが、横に添えられた「貝ひも」が酒の肴としてバッチリですよね~(^_^)

今回はなかったのですが以前の会ではホタテのフライも出たことがあり絶品でした。

f:id:shimonof13:20170312192054p:plain

 

 お酒は

「手作り純米酒 一ノ蔵

純米大吟醸 くどく上手 出羽燦々33」

純米吟醸 奈良萬 酒未来」

「純米 東光」

「超辛純米 陸奥男山」

 

f:id:shimonof13:20170312192603p:plain

純米吟醸 赤武 結の香」

特別純米 飛露喜」

大七 純米 生酛」

「山廃純米 雪の茅舎」

純米吟醸 南部美人

f:id:shimonof13:20170312192615p:plain

 今回の参加人数はやや少なく19名だったのですが、お酒は一升瓶が10本、つまり100合、一人頭 五合強(^_^; 

さすがに飲み干されることはなかったのですが結構減りました。普段の「なごみの会」ではお酒が余ることはないのですが、この「東北応援」の会はお酒は大目に用意されています。と言うのも会の最後に残酒をオークションにかけて、その売り上げを東北への義援金として寄付しているからなんです。私も毎年何かしら競り落としてささやかながら東北への応援とさせていただいています。

 楽しく飲んで食べて東北を応援できる(^_^)いい会でした。来年も楽しみです!!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

いただきました!! 「白老 純米吟醸しぼりたて生原酒 千本錦うすにごり」

 先日、行ってきました白老を醸す澤田酒造の蔵開きで購入してきたお酒です。

栓を開けると「ポンッ!!」と元気のいい音がしました。底を見ると滓(おり)が溜まっていますが、まずは上澄みをいただきます。「プチプチっ」としたガス感が心地よい感じです。搾りたてらしくフレッシュ感がバッチリで気を付けないと飲みすぎてしまいそうで、ある意味危険なお酒です(^_^;

f:id:shimonof13:20170306180950p:plain

 飲んでみて頭に浮かんだキーワードは「大人のラムネ」まさしくラムネ感が感じられます。次に瓶を静かに逆さまにして滓を混ぜます。そしていただくと、ガス感がやや活性化した感じになり、味わい(旨み)がやや強くなったような感じになりました。

 この日に合わせた食べ物はポテトのベーコン巻き、タラコスパ、揚げさんとシメジと糸こんにゃくとタマネギの煮物、トキシラズの焼き物。トキシラズはさすがと言うか普通の鮭よりも味が深い気がします。塩は弱めなんですが塩気(しおけ)ではない魚本来の味があるような気がします。そのトキシラズに、この「白老」はしっかりとマリアージュしてます!お酒の味わいは非常に上品なのですが、さすがに海のそばの蔵だけあってか魚との愛称はバッチリです(^_^)特にトキシラズの皮をパリパリに焼いたのは酒の肴として最高でした!ポテトのベーコン巻きにトマトケチャップをかけたものにもこの「白老」はしっかりと合いました。懐が深いです。

f:id:shimonof13:20170306181017p:plain

 あんまり食べ物との相性がいいので結構呑んじゃいました(^_^;購入する際に四合瓶にするか一升瓶にするか迷ったのですが、一升瓶にして良かったです(^_^)

昨年の蔵開きでも千本錦の純米吟醸を購入しましたが、今年の千本錦、進化してます!!

 

<裏ラベルより>

前年より進化を深める意味でチャレンジタンク深としました。
広島県の高品質な酒米千本錦を用い半分近くまで磨いて造った初の純米吟醸酒。酒蔵解放限定うすにごりバージョン。

価格 一升瓶 ¥3,600(税込み)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

いただきました!! 「寫楽(しゃらく) 純米吟醸 播州山田錦」

 「寫楽」は説明する必要がないほど有名かと思いますが、福島県が誇る宮泉銘醸の醸すお酒です。「寫楽」は私のお気に入りの一つですが、運よくまだいただいたことがない『播州山田錦純米吟醸』をゲットすることができました!ラッキー(^_^)

f:id:shimonof13:20170301202738p:plain

 まず口に含んだ瞬間に感じたのは『気品』という言葉でした。凛とした威厳を持ちつつも威圧感はなく、むしろさわやかな風を感じます。その風は柔らかいのですが、フニャフニャな柔らかさではなく一本筋が通っている、芯がある!そんな感じです。

f:id:shimonof13:20170301202750p:plain

 味わいは強すぎず弱すぎず、という程度に旨みもあります。お酒によっては「水のような」きれいでサラサラしたタイプもありますが、そういったタイプは私の愚鈍な舌では捉えきれないので、余り好みではありません。しかし、この「寫楽」は強烈な旨みこそありませんが、『適度な旨み=気品』が感じられ、食事と合わせても飲み飽きせず、食事に負けることも、また食事を負かすこともありません。意外なマリアージュだったのがローストビーフのキムチ巻きでした。きちんと料理として作られたものではないのですが、食卓に上ったローストビーフとキムチを見て、私のインスピレーションが「巻いて食べる」だったんです。食べてみたら、「いいんじゃない(^_^)」石ちゃんだったら「まいう~っ」と言ってくれるかと思います。で、合わしたのが「寫楽 純米吟醸 播州山田錦」だったのですが、バッチリでした。キムチの刺激的な辛みとローストビーフの旨みが合わさったところにさわやかな風が通り抜けながら、それぞれの味わいをミックスして昇華させてくれます。

 このように日本酒って、(私の個人の見解ですが)ふところが広くてけっこうどんな食事でもマリアージュします。これは、うれしいことでもあるのですが、悩みの種でもあります。と言うのは、何を食べてもお酒が欲しくなる・・・(^_^; 自制心を強く持たなきゃダメですね!!

 

備考:一升瓶で税抜き¥3,900です。
   精米歩合:50%で、絞ってすぐに瓶詰めされて氷点下で貯蔵されたものです。

 

PS.気品がなくても「俺が俺が!!」というタイプの旨みをごり押しするやんちゃさんも実は好みだったりします(^_^)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

見ています!! 「石ちゃんのSAKE旅」

 BSフジでやっていた「酒旅」が2016年末に最終回を迎えてしまい残念に思っていたのですが、思わぬところで新たな日本酒番組が始まりました。それが「石ちゃんのSAKE旅」です。では、どのチャンネル?となりますが、実はテレビ番組ではありません。なんとAmazonビデオのオリジナル番組なんです。

 毎週金曜日に新たなコンテンツが追加されるようで、現在(2017年3月)のところ第6話まで公開されていて、全20話まで予定されているようです。

 

1.日本酒の常識をぶち壊した銘酒 『獺祭』

2. 最高ランクの日本酒を生み出した蔵元 『黒龍』

3.ライバルは世界のワイン 『醸し人九平次

4.希少!究極のオーガニック日本酒 『月の井』

5.世界40カ国以上で売れている日本酒 『梵』

6.女性杜氏が造る美酒 『富久長』

 

どの蔵が取り上げられるかは、毎週金曜日のお楽しみなようです。

「酒旅」も面白かったのですが、この番組は石ちゃんのくだけたトークで蔵元に食い込んでいくところがこの番組の面白さですね、九平治さんがあんなに笑う方とは知りませんでした。石ちゃんパワーですね。(^_^)

 あんまり真剣に見ると、石ちゃんの芸風に染まった番組にがっかりされる方も見えるかも知れませんので、軽めの気持ちで「日本酒のTV番組」ぐらいの気分で見るのが良いかと思います。

PS.石ちゃんが飲ませてもらったワイン樽で寝かせた九平治、飲んでみたいなぁ~(^_^)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村