なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「ドラゴン Episode1(龍力)」

 「ドラゴン Episode1」と言うのは、お酒の銘柄として珍しいですよね。このお酒を知ったのは、通勤途中にある居酒屋の店頭の黒板で「ドラゴン Episode3」入荷しました!と書かれてるのを見たのがきっかけでした。それで「変わった名前だなぁ。どこのお酒だろう?」と調べたところ「龍力」を醸す兵庫県姫路市の本田商店のお酒でした。「ドラゴン」シリーズは龍力の新しい試みのようで、Episode1、2、3、そして赤ラベル、緑ラベルの5種類があるようです。

 で、「ドラゴン Episode1」が印象に残ったのには訳があります。現在の日本酒の多くは、少なくとも飲み手の嗜好を意識して醸されたお酒ではアル添であってもかつての三増酒のような”増量目的”ではなく、「キレ」などの効果を求めたお酒だと理解しています。事実アル添の日本酒であっても素直に「おいしい!」と感じたお酒もあります。 ただ私は「旨み」、「甘味」を好みとしています。つまりアル添系よりも純米系が私の嗜好に合っているんす。また、添加されているアルコールが廃糖蜜を原料とするという事実も良く思っていません。江戸時代の酒造りを記した童蒙酒造記では米焼酎を柱焼酎として使用していたとあります。その効果としては現代のように温度管理ができないため「腐造」と言って火落ち菌によって腐るのをアルコール度数を高めることにより防いだり、味わいとしては「キレ」をもたらしたりしたとあります。

f:id:shimonof13:20171015192655p:plain

 純粋?な米焼酎ではありませんが、酒粕を蒸留して造ったいわゆる「粕取り焼酎」を醸造用アルコールとして使用している蔵があります。この蔵でも以前は廃糖蜜を原料とする醸造用アルコールを使用していたのですが、仕入れ先に原料について尋ねたところ、なんと回答が「分からない」だったそうです!! そんな訳の分からないものを食品に使う訳にはいかない!!とその蔵では英断されて、日本酒を絞った後の酒粕を使用して「粕取り焼酎」を自社生産されて、それを添加されています。このお話を聞いた際にも「素晴らしい」と思いましたが、さらに上手のお酒がありました。それが、今回いただいた「ドラゴン Episode1」です。

f:id:shimonof13:20171015193009p:plain

  なんと、この「ドラゴン Episode1」で使用しているアルコールは山田錦を使用して自社生産されているのです。上の右側の写真のラベルの端に「本品は『山田錦』を原料とした自社製造のアルコールを使用することにより、味わいに深みを出しました」と書いてあります。

 それで、「どんな味わいなんだろう『ドラゴン Episode1』って?」と興味を持っていたんです。残念ながら普段通う酒屋さんには置いておらず、「いつか出会えたら飲んでみたいな」くらいに考えていました。そしてこのお酒の存在を知ってから数か月後、ちょっと遠出した際に訪れた酒屋さんで、このお酒が私を待ってくれていました。しかも最後の一本!! 少々お値段はお高めでしたが、このスペックを考えると納得できますし、今手に入れないと、ひょっとしたら二度と巡り合えないかも知れません。ですのでゲットしました。

 そして、いざ帰宅後いただきました。グラスに注ぎ香りを確かめました。一昔前に流行った?(^_^; 過度な香りではなく、上品かつきれいな香りです。そして口にふくむと・・・私の頭に一つのフレーズが流れました。『味がしゃんとし、足強く候(そうろう)』これですよね!、柱焼酎の効果は!!温度管理の可能となった現代の酒蔵では、ほぼ腐造の心配はないかと思います。(暖かい地方や低アルコール度のお酒ではその心配もあるかもしれませんが)ならば、柱焼酎の意義はやはり「味わい」なのではないでしょうか。また醸造用アルコールの添加されたお酒では、個人の感覚にも依るかと思いますが、私には「角(かど)」が感じられるんです。それがアル添酒を避ける理由の一つでもあるのですが、この「ドラゴン Episode1」にはそんな角は一切感じられません。う~ん、素晴らしい!!

 そして先日、ある日本酒の会の際に酒友にも、このお酒を飲んでもらいました。と言うのも、私は飲む前から、このお酒のスペックを知っており、かなりの思い入れがありましたので、「思い込み」かも知れないからです。ですので、このお酒の銘柄もスペックも何も伝えずに飲んでいただき、その感想を聞きました。その結果は、私の感じたものと同様で、一言で言うと「きれい」でした。中には、これ相当高いのでは?と言われた方もいて実際の値段を伝えると、もっと高いかと思った、とのことでした(^_^)

 

 日本酒を醸す蔵は、だいぶ減ったようですが、こういうチャレンジをして結果を残す蔵があるので、まだまだ日本酒の世界も捨てたものではありませんね!!

次はコストを抑えた米焼酎で安価なタイプにもチャレンジして欲しいなぁ、と思ったりします。酒税法も改正して米焼酎を添加して醸したお酒の事は「真・本醸造」としてはどうでしょうか!!

 

参考情報 一升瓶:¥5,250

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってきました!! 「射美を醸す『杉原酒造』」

  このブログで何度も紹介させて頂いている「射美」を醸す杉原酒造さんに、以前から熱望していた蔵見学に愛妻と行ってきました。いや~百年待った甲斐がありました(^_^)

 百年と言うのはまだそんなに生きていないので冗談ですが、何年も前から杉原さんに蔵見学を熱望して、今回やっと見せていただくことができました。と言うのは「杉原酒造さん」は、この蔵のキャッチフレーズ?でもある「日本一小さな酒蔵」で、慶樹さんがお父さんと二人だけでお酒を造られている小さな蔵なんです。ですので造りの時期はもとより、夏の間も何かと忙しく、見たい人は多いかと思いますがおいそれと対応できないのが現実だと思います。そんな中、見学させてくれた慶樹さんに感謝!!です。

f:id:shimonof13:20171008231849p:plain

  杉原酒造の敷地入り口にある建物です。今年の春頃に、この前の道路を隔てた反対側の杉原酒造の小売り部である「冨久屋」さんを訪れた際には、まだこの状態ではありませんでした。建物自体は元々あり車庫だったそうですが、入り口等を杉原さんがきれいに作り変えられました。杉原さんはお酒造りだけでなく、大工仕事も得意とされているんです。ここだけでなく蔵のあらゆるところをご自身で大工仕事されています。大工さんから「仕事こっちにまわしてよ~」と言われそうです(^_^;

f:id:shimonof13:20171008231905p:plain

 

  下の写真は酒米を蒸す甑(こしき)と横に吊るされているのは「ダミー米」です。甑でお米を蒸すと底の部分のお米がべちゃべちゃになって、酒造りによろしくないためダミー米を敷き詰めて、貴重な酒米を最適な状態で蒸すようにしているとのことです。ただ、ダミー米は酒米より高価なため使用されている蔵は少ないそうです。

f:id:shimonof13:20171008231922p:plain

酒母用のタンクと杉玉です。一番左の緑の杉玉は29BY用で、杉原さんお手製です。

f:id:shimonof13:20171008232000p:plain

 

 白麹用の室(むろ)です。27BYから作り始めた「射美 ホワイト」用に新しく作られた室です。ここもお手製です。一般的な日本酒造りで使用する黄麹とは分けた方が良いとの考えから新設されたそうです。

 黄麹用の室は、この数倍の広さだそうです。この日は消毒直後とのことで残念ながら見れませんでした。

f:id:shimonof13:20171008232016p:plain

 

 下の写真は槽(ふね)です。杉原酒造さんでは、全てのお酒をこの槽で搾っているとのことです。右側の写真は少し分かりにくいですが搾ったお酒が出てくる部分です。床よりも掘り下げてあってお酒を受けるタンクが置けるようになっています。

 ここで搾りたての「射美」が飲めたらなぁ・・・・さぞかしフレッシュ感と旨みのコラボレーションが味わえることでしょう!!

f:id:shimonof13:20171008231937p:plain

 下の写真のような書を見ることによって冬場の辛いお仕事の中、モチベーションを挙げられているのでしょうね。
 造りの時期は蔵の一角で寝泊まりされているとのことでしたが、「寒そうですね!」と言うと、「はい、寒いです。でもあったかいと起きれないので」とのこと。ハードなお仕事です。そのおかげで我々、日本酒ファンがおいしく頂けている訳です。感謝!感謝! 

f:id:shimonof13:20171008232032p:plain

  冷蔵庫の中には醸造用アルコールが寝かせてあります。こちらではメーカーから仕入れ醸造用アルコールはすぐには使用せずに、冷蔵庫で1年寝かせてから使用されています。それもメーカーからはドラム缶などで入荷するようなのですが、それにある割合で加水して一升瓶に入れ替えて保存されているそうです。大変な作業です。加水の割合も試行錯誤して決められたそうです。

f:id:shimonof13:20171008232047p:plain

 

 新兵器!のサーマルタンクです。

f:id:shimonof13:20171008232103p:plain

 いい言葉ですね!!

f:id:shimonof13:20171008232119p:plain

 

f:id:shimonof13:20171008232135p:plain

  私が「射美」を知るきっかけになったTV番組 PS!の「居酒屋あさこ」で伊藤あさこさんが蔵に来られた際に書かれたそうです。

f:id:shimonof13:20171008232155p:plain

 

 瓶詰め機です。f:id:shimonof13:20171008232211p:plain

 射美ホワイトを手にする杉原 慶樹さんです。
写真右側に見えるお店が小売り部の冨久屋です。ちなみにこちらでは「射美」は販売されていません。伺った際にあったのは「千代乃花 揖斐川」の本醸造特別純米でした。今回は特別純米を1本購入させていただきました。以前来た際には「生詰 千代乃花 しぼりたて にごり酒」を購入させていただきました。
 今は12月発売予定の本醸造と1月発売予定の特別純米の予約を受け付けてました。射美の予約販売はありませんが、千代乃花は予約すればゲットできますよ!!詳しくは杉原酒造のホームページをご覧になって冨久屋さんに問合せすることをお勧めします。

f:id:shimonof13:20171008232229p:plain

  杉原さん、これから寒い時期になって厳しいかと思いますがお酒造りよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

会員登録しました!! 「農口尚彦研究所」 

f:id:shimonof13:20171001112516p:plain

 

 この記事は2017/6/7に書いた『またまた復活!!「農口尚彦杜氏」』

に加筆した記事になります。なおこの記事の中で使用されているロゴ、

写真は「農口尚彦研究所」から使用許可をいただいております。使用

許可をくださった「農口尚彦研究所」には感謝しております。(^_^)

 

 「農口尚彦研究所」に何か新しい情報があるかなぁ?と、久しぶりに

ホームページを見に行くとトップページの下の方に「会員登録」のお知

らせがありました。最新情報がメールマガジンでお知らせいただくとの

ことで早速、登録させていただきました。どんな情報が届くか今から楽

しみです。(^_^)

f:id:shimonof13:20171001113439j:plain

 12月から発売開始予定とのことですので、その時期に農口杜氏のお酒に

合うような肴を用意して待ち構えたいと思います。私のイメージでは

「このわた」とか「うに」なんかが良く合いそうな気がします。

 メールマガジンの中でこのお酒と合う肴はこれ!みたいに紹介していた

だければうれしいですね。

 

f:id:shimonof13:20171002210909j:plain

 日本酒の世界で農口杜氏のお名前を知らない人はいないでしょう!かつて

菊姫杜氏をされていて、次に「常きげん」を醸す鹿野酒造杜氏を、

いったん引退されて一造り休まれた後、農口酒造杜氏に就任され、二造り

の後辞められました。失礼ながら80歳を超えるお年なので、もう本当に引退

されるのかなと、残念に思っていました。

 しかし、ところがどっこい、またまた復活されます。それも新たな蔵です。

前回の「農口酒造」はお休み中の蔵を利用した形でしたが、今回は新たな蔵

のようです。農口杜氏とスタッフの方が約1年間多くの候補地を検討され、

最終的に農口杜氏が惚れられた「水」と「空気」がある土地として小松市

観音下(かながそ)が選ばれたそうです。 

 公式ホームページ以外にもFacebookがあり、随時、情報が更新されている

ようですので目が離せません。8月4日の記事では建設中の蔵をバックにお元

気そうな農口杜氏のお姿が見られます。

 6月に初めてホームページ見た際には蔵人の募集が載っていたかと思うの

ですが、10月1日現在では、営業企画の人材を募集しているようです。今

月から造りを始められるとのことですので蔵人さんは既に集まっているとい

うことなのでしょう。まぁ、考えてみれば農口杜氏が「この指止まれ!」と

号令をかければ「あっ!」と言う間に集まったのでしょうね。

 

 1年目は7種類造られるそうですが全部飲んでみたいですね!!今から楽しみ

です。

 

 下記のリンク先(SAKETIMES)の記事にもいろいろ載っています、

蔵人募集 ‹ 農口杜氏復活!「農口尚彦酒づくり準備室」公式ウェブサイト
(蔵人募集は終了しているようです。)

 

発売されるお酒の銘柄はまだ公式ホームページにも書かれていませんが、もう

「農口」の銘柄は使えないかと思うので、どんな銘柄になるのでしょうね?そ

れを予想するのも楽しみです。

 「農口尚彦研究所」のお酒が手に入りいただきましたら、また感想を書かせ

ていただきたいと思います。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

「なわん13」というアカウントでツイッターしています。新しい記事をアップ

した際にお知らせしますので、良かったらフォローしてください。

twitter.com

いただきました!! 「宗玄 純米無濾過生原酒 八反錦 55%精米」

 酒友大先輩が絶賛されていたので、購入したお酒です(^_^)
丁度お店に2本残っていたので、酒友大先輩と私で1本ずつ購入しました。

f:id:shimonof13:20170918200539p:plain

 口に含むと味わいというか旨みというか、ふわ~~っとした広がりを感じます。舌の上を転がすと、大抵のお酒ではちょっとした刺激というか角を感じるのですが、このお酒にはそれがありません。かと言って、腰砕けな柔らかいだけのお酒ではありません。宗玄の全てを知っているわけではありませんが、おそらく宗玄にはそういう軟弱?なタイプはないかと思います。坂口杜氏の醸すお酒が軟弱な訳がない!! (^_^; 以前蔵見学をさせていただいた際には、柔らかな笑顔で丁寧に説明していただきましたが、いざ造りの時期に蔵に入ると厳しいお顔になるであろうことが想像できます。王祿の丈径さんも冬の造りの間は「鬼」になると聞いています。 この辺りの内容は山同敦子さんの「愛と情熱の日本酒 魂を揺さぶる造り酒屋たち」に書かれていますので王禄ファン必見です!!

nawan13.hatenablog.com

f:id:shimonof13:20170918200625p:plain

 この宗玄、適度な甘さが体に優しい感じです。強烈なフレッシュ感や吟醸香(そもそも吟醸酒ではありませんが)、ガス感等の突出したインパクトはないのですが、その分食中酒としては、かなりイケテル!! そんな気がします。

 

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫) (文庫) / 山同敦子

 宗玄の蔵の売店で珍味を販売しているのを購入したことがあります。きっとこのお酒と合うだろうなぁ!! 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「新政 No.6 H-Type」

 新政の生酒『No.6 H-Type』をいただきました。通常のNo.6はR、S、Xの3種類ですがはせがわ酒店用の特別モデルなのでH-Typeと言うようです。新政は私のお気に入りの一つで、その中でも「No.6」シリーズは生酒好きの私としては好きなタイプです。コストパフォーマンス的にはS-Typeが一番バランスが取れていると思うのですが、初めて『X-Type』を飲んだ時には「おおっ!!旨い、上手い、美味い」と感激しました。お値段が少々お高め(^_^; なので、いつもいつも飲めるわけではありませんが、新政好きなら一度は飲んでみるべきお酒かと思います。(ちなみに、いつも飲もうと思っても入手できないかと思いますが・・・(^_^;)

 

f:id:shimonof13:20170905220922p:plain

 そんな『No.6 H-Type』ですが、東京に行った際に東京駅内の「はせがわ酒店」で数年前にもゲットしたことがありました。確か東京駅グランスタ店の3周年の記念酒だったかと思います。その時のH-Typeは今回入手した物と瓶のデザインも違っていたかと思います。おぼろげな記憶ではほぼS-Typeのようなデザインだったような気がします。味もS-Typeと余り変わらなかったような・・・・気がします。

 しかし、今回の『H-Type』はデザインからして違っていました!!入手できなかった昨年末のクリスマスバージョンを思わせるスペシャル感があります。これは買うしかない!!お気に入りのお酒がゲットできた時は出張の疲れなんて、どっかに行っちゃいます(^_^)

f:id:shimonof13:20170905220945p:plain

 そして、数日後自宅でゆっくりといただきした。すぐに飲まなかったのは長距離を旅させたお酒は少々落ち着かせてから飲んだ方が良いと聞いたことがあるのと、せっかくのスペシャルなお酒をいただくのだから体調を整え、いい肴を用意しないともったいないからです。

 そして、いざいただきます!! おおっ!! これぞ『新政』です。しかも上質です。良く知っている「新政感」です。フレッシュさ、酸味、旨み、ガス感のハーモニー(^_^)『S-Type』と『X-Type』の中間と言ったところでしょうか。う~ん、出会えて良かったです(^_^)

 我が家の冷蔵庫で待機している他の新政達にも、そろそろ出場してもらおうかな~!!

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました! 「王祿 丈径(おうろく たけみち) ブルー」

 島根県の誇る銘酒「王祿」と出会ったのは、かれこれ20年以上前になるかと思います。初めて飲んだ、その瞬間に、そのパワフルな味わいに打ちのめされました。それ以来、私のお気に入りのお酒です。そんな「王祿」を再認識したのが山同敦子さんの著書で「王祿」が紹介された記事でした。

 

読みました!! 「愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち」 - なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

nawan13.hatenablog.com

f:id:shimonof13:20170821224417p:plain

 今回いただいたのは「王祿 丈径ブルー」です。以前いただいた「王祿 丈径」の「山中酒の店」限定版です。山同敦子さんの著書を読んだ方はご存知かと思いますが、「山中酒の店」が「王祿」を育てたと言っても過言ではないかと思います。先日、初めて「山中酒の店」に行ったのですが、いろんなお酒を眺めて「何を買おうかなぁ~」と物色しつつ店内の奥を進んでいったところで、この「王祿 丈径ブルー」と出会い、これはもう買うしかない!と思いました。ただ、通常の「丈径」とは何か違い限定品なのは分かるのですが、何が違うのか良く分からないので、試飲コーナーで通常の「丈径」と「丈径ブルー」を比較試飲させていただきました。お店の方によると「ブルー」は加水されているが、いわゆる「夏酒」ではないとのこと。まずは通常の「丈径」をいただきます。うんうん、これです、これです。ガツンとパワフルながら洗練された味わいがあります。そして、次に「丈径ブルー」をいただきます。加水されているかといって決して薄くなっている感じはありません。

f:id:shimonof13:20170821224528p:plain

 これは私の想像になりますが、加水と言ってもごく少量かと思います。「丈径」のパワフルさはそのままにエレガントさが加わっているように感じます。これは「加水」という名の微調整『技』の一つではないのでしょうか? 以前ある蔵の杜氏さんとお話しさせていただいて「アル添には技術が必要で、ある意味、純米造りよりも難しい。」と聞いたことがあります。{個人的にはアル添酒は好みではない場合が多いので積極的に飲むことはありませんが、いいお酒があることを理解していますし、実際に飲んでそう感じたこともあります。私は純米指向ですが、純米信仰ではありません(^_^;}そう言った「アル添の技術」と似た感じで「加水」によって味わいのバランスを微調整して最適なところに持って行っているのではないでしょうか?

 山同敦子さんは「丈径ブルー」飲まれたことがあるのかなぁ?いつかお会いしてお酒の感想を語り合いたいです!

 

※「丈径ブルー」と表記は表ラベルにも裏ラベルにもありませんが、「山中酒の店」のレシートに表記されていましたので、そのまま使わせていただきました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本酒ドラマチック 進化と熱狂の時代 [ 山同敦子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)


 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極上の酒を生む土と人大地を醸す (講談社+α文庫) [ 山同敦子 ]
価格:1007円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)


 

 

nawan13.hatenablog.com

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

夏こそ『お燗』!!

 今年の夏は、と言うか今年の夏も暑いですね~。こう暑いと仕事が終わって帰宅したらキンキンに冷えたビールをグイっとやるか、よ~く冷やした取っておきの冷酒を上質の冷奴など、さっぱりしたおつまみでやりたいところかと思います。

 ですが、以前から日本酒のイベントで散々飲んだ後で「燗酒」をいただくとなんだか体がほっこりすることを感じていました。初めてそう感じたのはあるイベントで「るみ子の酒」のるみ子さんから燗酒を注いでもらって飲んだ時です。あの時の燗酒のやさしさは印象的でした。で、ここのところ、暑いのですが「ちょっと燗酒にしてみようかな?」と思いました。なんだか疲れが取れそうな気がしたんです。(根拠はありません!!(^_^;)

 そんな折にツイッターでこんな記事を見かけました。

www.leon.jp

 なるほど、私の思い込みではなかったのですね!! 冷たい飲み物って口当たりはいいのですが、量が多いと身体に負担をかけるような気がします。ここんとこ身体の声を感じて自然と昼間でも冷たい飲み物は余り取らず、ホットコーヒーとかホットティー、レモン酢のお湯割りなんかを飲んでます。

 で、久々に「燗たのし」に出動していただきました。

nawan13.hatenablog.com

 1番バッターは「六歌仙 蔵のかくし酒」です。しばらく前に持ち寄りの日本酒の会で余った分をいただいたお酒です。このお酒、冷酒でもいいのですが、会の際に飲みながら「これって、燗でもイケるタイプかも?」と感じていました。

f:id:shimonof13:20170814213513p:plain

  思惑通り、温度が上がってもいい塩梅の味わいでした。ただ冬と違って、温度の上がり方が早いんです。気温が全然違うので当然なのですが、みるみる50℃を超えてしまい、慌ててチロリを引き上げました。で、まずはそのままいただく、ちょっと熱いけどいい感じ。そして、しばらくおいて「燗冷まし」で40℃くらいでいただく。「おおっ! この感じがベストかも?」温度変化が楽しめる日本酒って素晴らしいですね(^_^)

f:id:shimonof13:20170821224328p:plain

 次いで二番バッターは「宝剣 純米吟醸」またまた温度を上げすぎて、やや角がでちゃかなぁ? けれど、この「宝剣」も「燗冷まし」にすると、見事にいろんな味わいが調和していい感じに化けました。しばらく「燗冷まし」にハマるかも(^_^)夏の暑さで疲れた身体をいやしてくれる「燗酒」いいですよ、ぜひお試しあれ!!

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村