なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「富久長 海風土(シーフード)」

 広島の今田酒造本店の女性杜氏 今田美穂さんが醸すお酒です。このお酒は「BSフジ 酒旅」と「Amazon 石ちゃんの酒旅」の両方で紹介されており、広島だけあって「牡蠣」とのマリアージュを想定して醸したお酒と言うことで以前から興味がありました。そこで、このお酒を入手したので、当然「牡蠣」と合わせたいので「岩牡蠣」も調達しました(^_^)

f:id:shimonof13:20170723150952p:plain

 魚介類である「牡蠣」と合うように醸されているとのことで、「菊姫の山廃純米」とか「カニに合う 天狗舞」のようなしっかりした濃い目の味わいを想像していたのですが、その味わいは全く異なるものでした。それもそのはず、この「海風土」の麹は「白麹」だったんです。サッパリとした酸味は確かに「白麹」のなせる業のように思います。新政の「亜麻猫」や「射美のホワイト」等、元々焼酎用の「白麹」を使用して醸されるお酒も最近は増えてきているように思います。

f:id:shimonof13:20170723151006p:plain

 果たして、この濃厚な「岩牡蠣」とサッパリとした酸味の「海風土」がどうマリアージュするのか?「酒旅」でしていたように、まず口に「海風土」を口に含み、牡蠣を迎える準備をします。そして牡蠣を口に含むと、自然に付いた強めの潮味を感じつつ、それを包み込むようなマリアージュ!!言葉では表現しきれないのですが、今まで経験してきたマリアージュとは異なるパターンです。なるほど、こういうマリアージュもあるんですね。

 ただ広島でないと入手できないかと思うのですが、「海風土」とのベストマッチは瀬戸内海の島の塩田址(あと)の1年未満の瑞々しい若い牡蠣だそうです。(某酒屋さんが今田美穂さんから直接聞かれたお話し)機会があれば、そこの牡蠣と海風土」とのマリアージュも試してみたいですね。揚げたてのカキフライにレモンを絞っただけ、なんてのもいいかも(^_^)

 

 今日もおいしいお酒に出会えたことに感謝(^_^)

 

価格 四合瓶 ¥1,620(税込み)

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「鍋島 純米吟醸 雄町(火入れ)」

 赤穂雄町を50%精米した鍋島です。それはもう『旨い!』に決まっています。グラスを軽く振るとふわっとやさしく旨みを予感させてくれる香りがします。

f:id:shimonof13:20170723113935p:plain

 口に含むと舌に自然と馴染んでいくような味わいです。開栓する際に結構いい音がしたのでもっとガス感があるのかと思ったのですが、やや優しめです。そう言えば、このお酒は火入れでした。舌の上で はじけるほどではないけれど、優しいガス感からくるフレッシュ感があります。想像ですが、「火入れ」と言っても、ガッチリ!という感じではなく、フレッシュ感が残るよう丁寧にされているのではないでしょうか?以前、「作」を醸す清水清三郎商店の社長から、「うちは生酒は出さないけれど、フレッシュ感を残すために丁寧に火入れしてます。」と伺ったことがあります。当たり前ですが、日本酒って、絞って瓶に詰めたら終わりではなくて、火入れの方法や保存方法等を含めて呑み手の口に入るまでが大切なんですよね。ですので、好きな銘柄であっても、お店での保管方法がぞんざいであったり、プレミア価格が付いて、どこをどう流通してきたか分からないようなお酒は買いません!

f:id:shimonof13:20170723113957p:plain

 「雄町」のしっかりとした味わいと全体のバランス感がいいですよね~(^_^)

 カラシを多めにつけたサクサクのアジフライと合わせてみても、決して負けない、この『鍋島』×『雄町』のポテンシャル!!今回は一升瓶での購入なのでじっくりと味わえます!

 今日もおいしいお酒に出会えたことに感謝(^_^)

f:id:shimonof13:20170723114019p:plain

価格 一升瓶 ¥3,780(税込み)

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「伊達セブン 純米大吟醸 生酛 ~DATE SEVEN EPISODEⅢ~」

 「伊達セブン」をご存知でしょうか?宮城県の有志七蔵元の集団です。宮城版NEXT5(秋田県)と言ったところでしょうか?

以下 裏ラベルから引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 DATE SEVEN(伊達セブン)とは、異なる個性を持つ宮城の7蔵元が集い、それぞれの得意分野を互いに吸収し合いながら、常に技術研鑽を重ねる蔵元集団です。
 今期の舞台は「萩の鶴・日輪田」を醸す萩野酒造。我々が挑んだのは、伝統的な生酛造りと現代技術の融合。現代的な爽やかさの中に生酛らしい深みを秘めたその味わいは、日本酒の新しいカタチです。

             7蔵の技術と情熱の結晶がここに
             ~DATE SEVEN EPISODEⅢ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~DATE SEVEN EPISODEⅢ~とあるので、今期で3期目なのでしょうか?

f:id:shimonof13:20170716163000p:plain

「伊達セブン」結成のエピソードは下記のサイトに細かく書いてあります。

jp.sake-times.com

一つの蔵でコツコツとお酒を醸すのももちろんいいですが、こういった蔵の垣根を超えて醸すお酒もいいものですね!!期待してしまいます(^_^)

 

f:id:shimonof13:20170716163023p:plain

 さて、このお酒のスペックは"純米大吟醸" "生酛" "33%精米"となかなかのものです。このお酒は「京・おばんざい素」さんでいただいたのですが、目の前で栓を開けていただき、グラスに注がれる間にいい香りが漂ってきます。私はどちらかと言うと「香り」よりも「味」を重視しているのですが、それでもやはりいい香りはいいもんです(^_^)
 口に含むと、高精白だけあって綺麗な味なのですが、単なる「端麗」という感じではありません。透明感のある味わいに『天の羽衣』を纏ったような感じ(イメージです。天の羽衣を手にしたことがありませんので(^_^;)

 このブログを書いていて板取川の水の色を思い出しました。長良川の支流の支流であるため板取川は全てが渓流なんです。つまり「水がきれい」なんです。水自体は本来無色透明なのですが、その「淵」の部分に陽の光が差し込むと不思議なことにエメラルドブルーになるんです。この「伊達セブン」にも「陽の光」のように「七蔵元の情熱と技術」、「麹」、「酵母」等々が差し込んで、その結果「エメラルドブルー」の味わいになっているのではないでしょうか?

 飲み飽きしないし、飲み疲れることもない、いいバランスで、ゆっくりと食事をとりながらずっと付き合ってくれるタイプかと思います。

 今日もいいお酒に巡り合えたことに感謝です!!

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

合格しました!! 「日本酒検定」

 先日、Amazonで日本酒関係の本を物色していたところ、「日本酒検定<日本酒を造るこだわり検定>公式テキスト Kindle版」という本の説明の中に「あなたの生活をより楽しく彩る検定/日本酒検定」と書かれてあるのを見つけました。しかも、24時間、ネット受験を無料でできるとのこと(^_^)

 

早速、そのサイトを探してアクセスしてみました。

www.kentei-life.jp

そのには、

 〇日本酒検定初級

 〇日本酒検定中級

 〇日本酒のおもしろ歴史検定

 〇日本酒の新しい選び方検定

 〇日本酒を造るこだわり検定

 〇日本酒と全国の郷土料理検定

と、6種類の検定が用意されていました。

 まずは初級から順番に全て受験し、全て一発合格!しました(^_^)と言っても全問正解ではありませんでしたが・・・。

 問題は各検定でそれぞれ20問で、16問以上正解で合格です。受験する度に問題は変わるようです。

 合格すると、合格の表示がされて、名前を入力して「認定証発行」ボタンを押すと画面に合格証が表示されます。

できれば上級も用意してほしいですが、それは会場に行って有料の試験を受けろということでしょうね! (^_^;

 

ちょっと、お遊びにやってみました。皆さんも一杯やりながらいかがですか!

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版

 先日Amazonのサイトをぶらぶら見ていたらタイトルのようなKindle本を見つけました。100円とは安い!!早速以下の5冊を購入しました(^_^)

 100円という価格が極端に安いので、「ほんの数ページ程度のパンフレット的なものかな? まぁ試しに買ってみるか」ぐらいのつもりだったのですが、なんのその中々充実しているではありませんか!これはお買い得です(^_^)

 

 「日本酒の新しい選び方 きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版」

 

「日本酒を造るこだわり きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版」

 

「日本酒のおもしろ歴史 きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版」

※この本のみ一点注意があります。iPad等のKindleアプリでは2017/7/15現在、ダウンロードできません。Kindle上には表示されるのですがダウンロードしようとすると「ダウンロードすることはできません・・・・この商品はこの端末と互換性がありません。」と表示されます。他の4冊は問題なくダウンロードできたのに「そんなバカな!!」と販売ページを確認したところ、「利用可能な端末」をクリックすると確かにiOSの端末が載ってません!ちなみに他の4冊には載っていました。さっそくAmazonに問い合わせたところ、対応を検討してくれるとのことだったので待っている状態です。幸い私はFire端末もPCもあるので、そちらで見れるのですが、メインのiPadで早く読めるようになることを祈ってます!!

 

「日本酒と全国の郷土料理 西日本編 全国都道府県別 きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版」

 

「日本酒と全国の郷土料理 東日本編 全国都道府県別 きき酒師が教える日本酒100円ガイドブックシリーズ Kindle版」

 意外と知らないことが色々載っていたりして勉強?になりました!!

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

いただきました!! 「而今 雄町 純米吟醸 無濾過生」

 「雄町 純米吟醸 無濾過生」

而今は裏切らない」これが我が家の感想です。今まで色んな種類の而今をいただいてきましたが一度も残念な思いをしたことがない。ましてや「雄町」は元々好みのタイプです。それが「而今」であれば好みでない訳がない!!

f:id:shimonof13:20170708154119p:plain

 時折「大人のラムネ」と言う表現を使わせていただくが、この「而今」は違う!さらにその上をいく感じなんです。この「而今」は言うなれば「紳士のラムネ」だ!「生」ならではのフレッシュ感!!そして渋い旨み、存在感、そして、それらのバランス感。とてもとても、おいしゅうございました(^_^)

f:id:shimonof13:20170708154138p:plain

 裏ラベルに「過去に囚われず未来に囚われず今をただ精一杯に生きる」とあります。いい言葉です。これって「而今」の意味なんですね。ネーミングも素晴らしいですが、その中身もその言葉に負けず素晴らしいお酒です。

f:id:shimonof13:20170708154149p:plain

次はどんな「而今」に出会えるでしょうか?楽しみです(^_^)

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

待ってました!! 「一升瓶用クーラーバッグ 新製品」

割引販売が7/31まで、延長されました(^_^)

購入を迷っていた方はチャンスかと思います。この夏は酷暑の模様ですので、デリケートな日本酒の買い出しにはクーラーバッグは必須かと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

割引は明日(7/20)までです!

 以前、このブログで紹介させていただいた下記の記事ですが、いよいよ新製品の一升瓶用のクーラーバッグの発売が決まりました(^_^)

 

nawan13.hatenablog.com

  一升瓶用のクーラーバッグを発売するのは、私が以前購入をした同じメーカーで「キラックス」さんという会社です。

 下記のキラックスさんの直販サイトで予約販売が始まっています。通常価格は¥580なのですが、7/20までに注文すると予約特別価格¥450で購入できるようです。

一升瓶用のクーラーバッグを待ち望まれた方はぜひ下記のサイトを見てください。

tsu-tsu-mi.com

 商品の発送は8月上旬の予定のようですが、一足先にサンプルを入手しましたのでレビューします。なおサンプルの色は黒ですが、実際の商品は正面がネイビー、サイドがアイボリーになるようです。

 

以前の商品(左の緑色)の方が若干大きいようですね。

f:id:shimonof13:20170626225849p:plain

 一升瓶はしっかり入るので心配ありません。以前の物より一升瓶にジャストフィットなので保冷剤を入れた場合、底まで落ちてしまうことがなく上から冷気が下に落ちていき効果的かと思います。スーパーなんかでもらえる小型の保冷剤をストックしておくと良いですね!

f:id:shimonof13:20170626225900p:plain

 首部分のボタンも以前同様あります。首から上の部分は以前よりくびれているのでしょうか?スタイリッシュな感じです。

f:id:shimonof13:20170626225910p:plain

 

 吊るしてみました。肩にかけてもこんな感じになると思います。このサンプルが届いた日、早速持ち出して出先で一升瓶を購入し数時間持ち歩きましたが、ノープロブレム、もーまんたい(無問題)でした。

この商品のいいところはクーラーバッグであるだけではなく、肩にかけれるようになっていることです。通常、酒屋さんで入れてくれる袋では手で持つしかなく、身長のある方ならともかく、下手をすると地面にこすれてしまい危険です。肩にかけるとその心配がありませんし、楽だし、手が空きます。

f:id:shimonof13:20170626225923p:plain

惜しむらくは出荷が8月上旬と言うことでしょうか。既に季節的には暑い時期になっていますので6月に出ていれば、喜ぶ人がもっと多かったかも!でも私のこのブログのアクセスランキングで以前書いた「一升瓶用クーラーバッグ」がいつも上位にあるので、待ち望んでいる人は多いかと思うので、需要はあるかと思います。

皆さん、夏場のお酒の購入にはクーラーバッグを持って行きましょう!!

一部の酒販店で取り扱いしているのは見たことがありますが、もっと酒販店で取り扱ってくれたら、酒飲みも安心して購入できるかと思うのですが、いかがでしょう?

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村