なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「津島屋 美山錦 純米吟醸 生 中汲み&荒走り」

  「津島屋 美山錦 純米吟醸 生 中汲み」と「津島屋 美山錦 純米吟醸荒走り」をいただきました。

f:id:shimonof13:20190707151930p:plain

 

 同じタンクのお酒を「荒走り」と「中汲み」と一緒に購入したものです。購入時から、同時に飲むと決めていました。もし「責め」もあればきっと購入していたのですが、残念ながら商品化されていないとのことでした。すると「責め」の部分のお酒はどこにいったのだろうか?と疑問が湧きます。蔵人のまかない酒として飲まれたのでしょうか?

 一般的には「中汲み」が一番バランスが良くて上物?で「荒走り」はフレッシュさと飲みやすさが売りで、「責め」は濃厚な味わいが特徴かと思います。いろんなお酒を飲んできましたが、私個人の好みに当てはまるのは

 「荒走り」 > 「責め」 > 「中汲み」

だったりします。ただ「責め」が旨いのは、造りがしっかりしたお酒に限ります。そして「責め」と言っても醪(もろみ)をどこまで搾るかによっても、お酒の品質が全く変わるかと思います。分かりやすい例えでは、スーパーで販売されている酒粕はカッチンカッチンの板状になっています、これは一滴でも多く「酒」として搾り切った結果です。強制的に搾りきったため、やはり雑味が多くなりお酒の品質としては下がるかと思います。一方、酒蔵で販売している酒粕は、結構柔らかいもの、中にはモロ液体も見えていて、「これ搾ったらお酒として飲めるんじゃないか?」という酒粕もあります。(実際にはやってませんが、一度やってみたいと思います(^_^;)

 

 

f:id:shimonof13:20190707151956p:plain

  初めに「中汲み」からいただきました。「津島屋」らしくバランスの良いお酒です。次に「荒走り」をいただきます。もっと元気!でフレッシュな感じかと思って口にすると、あら意外、やわらかな物腰です。裏ラベルを見ると2018/11とあります。
 なるほど、田中酒店さんで数か月熟成されていたのですね。その間、元気なやんちゃ坊主が成長し「大人」の要素を備えてきたのですね。

f:id:shimonof13:20190707152013p:plain

 

 どちらも元は同じお酒なので、もちろん共通の味わいですが、「中汲み」の方が、なんか「男前」な感じ、いや「男前」と「美青年」との間といった感じでしょうか?生まれたての頃はただの「美青年」だったが人生経験を経て中身がしっかりしてきて「男前」な人格(酒格?)が伴ってきたという感じでしょうか?

 個人的には、「荒走り」の方が好みの場合が多いのですが、このお酒に関しては「中汲み」が好みでした。杯を二つ用意して呑んでいますが自然と中汲みに手が伸びました。味の「乗り」も「中汲み」の方があります。

 開栓後1週間、改めて呑んでいて浮かんだワードは「麿!」です。
品のある円やかさが、堪らん!旨いです!

  さすが酒匂さん、良いお仕事されてますね。

 

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 


 

いただきました!! 「雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし」

「雪の茅舎 純米吟醸 秘伝山廃 ひやおろし」をいただきました。

 

 大垣の田中酒店さんで、「熟成しててオススメだよ!」と言われて購入したお酒です。

 「ひやおろし」なので、一度火入れがされています。ですのでお店でも冷蔵庫ではなく常温で保管されていました。初めてのお店等、信頼関係がないお店だと常温保存のお酒は避けてしまいますが、ここ「田中酒店」なら大丈夫(^_^)

f:id:shimonof13:20190626224907p:plain

 自宅でも、しばらく常温で置いときました。(冷蔵庫がパンパンでした(^_^;)そして、いざ開栓します。うむうむ、落ち着いた味わいです。当たり前ですが、老ねの老の字もありません。突出した点が無いので、インパクトは少ないのですが、いつまでも安心して飲み続ける事ができる、まさに晩酌の一杯です。

 ここで、燗酒にするとどうかな?と季節ハズレな事を思いつきました。普段なら、「燗たのし」で温めるとこですが、今日はちょっと手抜きで片口に入れてレンジでチン。

ちょっと温め過ぎた。でも、初めから燗冷ましを楽しむつもりなのでオッケーです!

 温度を上げても落ち着いた味わいは変わらない、そして燗酒特有の身体への優しさがプラスされます。今度は燗たのしで、じっくり温めてみよう。きっと、もっと旨くなるはずです。

f:id:shimonof13:20190626224923p:plain

 

 その後、しばらく冷蔵庫に寝かせて、さらに味わいが深くなった。派手さは無いが、究極の食中酒という感じだろうか。ナチュラルに酒と食が進む、罪な味わいです^_^
 冷や(常温)も燗酒の冷酒もいけるお酒ですね~~!!

 
PS.「燗たのし」で燗酒にする前に飲み干してしまいました。もとい!蒸発しました。暑い季節になってきたのでアルコールの蒸発が早いのはいたしかたないですね(^_^;

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

読みました!! 「畢竟(ひっきょう)の酒 義侠の真実」

 この本は、ある日本酒の会の利き酒で全問正解したご褒美!としていただいたものです。

 「義侠」は私に「米の旨味」を教えてくれたお酒です。まだ社会人になりたての頃、先輩の車で、この本でも紹介されている「サケハウス」の前を通りました。その店の外観から「この店は日本酒がきっと充実している。」と感じ、後日、訪れました。正直、愛知県に「日本酒」のイメージは無かったのですが、お店の方にいろいろと話を聞いてその日「義侠」を買って帰りました。もちろん銘柄も聞いたこともなく、どんなタイプかも知りませんでした。「義侠」という名称から「その筋の人が好むのでは・・・」などと思ったりしました(^_^;

 そして、当時住んでいた会社の寮に帰り、口にした瞬間、「なんという味だ!、こんなに米の旨味を感じる酒があるなんて!!」という驚きと共に感動しました。そして、ほれ込みました。

 そして、義侠を飲み続け、自然な流れで蔵見学に行かせていただいたり、この本でも書かれている山田錦の産地「兵庫県の東条」にも「田植え」、「草取り」、「稲刈り」のイベントに参加させてもらいました。こういった行事に参加する中で「酒匠 マルタカ」さんと知り合いました。残念ながら、この本では「マルタカ」さんは紹介されていません。しかし「マルタカ」さんについても、この本で書かれているエピソードと似たような話を聞いていますので、この本を読みながら、きっと他にも同じような体験をされた酒屋さんがあるんだろうなぁ・・・と思いました。ちなみに名古屋市内でもう一軒「義侠」を取り扱っている酒屋さんを知っているのですが、そちらもこの本に載っていません・・・。

 何度目かの東条のイベントで「マルタカ」さんと一緒に行き、宿に入ったロビーに当時の社長 山田 明洋さんがいて、私の顔を見るなり「〇〇さん、お久しぶり!」と声をかけてくださったのです。酒屋さんでもなく、ただの一飲み手(好き者?)の自分の名前を敬愛する蔵元が覚えていてくれていました。その時の感動は今でも忘れられません!!

 

nawan13.hatenablog.com

 初めから横道に逸れましたが、この本についてふれたいと思います。タイトルにある「畢竟」とは「究極」とか「至極」を表す言葉で、ここでは日本酒を突き詰めて行けば最後は「義侠」に辿り着く、という意味で使われていると思います。

 この本は、大きく三つの章から成っています。日本酒の本らしく、この本では「章」とは言わず「献(こん)」と表しています。

 

「第一献」では義侠を扱う酒販店とのエピソードです。
 紹介されているのは
 ・酒のきまた
 ・リカーワールド21 シバタ
 ・地酒屋 サケハウス
 ・横浜君嶋屋
 ・はせがわ酒店
 ・大塚酒店

支店を含めて考えると「大塚酒店」以外は行ったことがあります。我ながら好きものですね~(^_^;

 

「第二献」では、「義侠」に魅せられて「義侠を取り扱ったお店(飲食店、あえて居酒屋とは書きません)について書かれています。

 紹介されているのは

・日本酒処 草薙
・まほらま
・酒たまねぎや

の三店です。

 この中で、行ったことがあるのは「まほらま」さんだけです。

 今でも覚えているのは「まほらま」の店長さんが自身で肴として食べたいものをお店で出していると言われたこと、蔵元の山田明洋さんと一緒に行ったことです。蔵で見学させていただき、セミナーを受けた後、懇親会の会場として訪れました。お店に入ったら九平治さんが見えて、義侠の蔵元と挨拶をされていたことを覚えています。

 「酒たまねぎや」さんには、残念ながら言ってことはありませんが、東京で義侠の会があった際に参加してお話しさせていただき、店長さんと話をさせていただき「ぜひ来てください」と言われたことを覚えています。ただ、随分前で、まだまだ若造だった私は行く決心がつかず、行けなかったことが今でも残念です。今当時と同じようにお声をかけていただいていれば、きっと行ったことでしょう。

 

「第三献」では、義侠に関わった方、個人がそれぞれ書かれています。

  この章に関して、興味もある方はぜひ本書を読んでいただきたいと思います。

 私がに惚れ込んだ「義侠」を造られた蔵元山田明洋さんは残念がら、今年(2019年)の2月に亡くられました。初めて「義侠」に出会ってから二度の転職を経て住む場所が変わり身近で「義侠」が購入できなくなり、「義侠」から遠ざかっていていました。できるならば、山田明洋さんが亡くなる前に、再度東条の宿で一献交わしたかったと思います。心と心がつながったつもりでいても、人生は一期一会かも知れません。後で後悔しないよう、その時その時の出会いを大切にしたいと思います。

 

 亡き山田明洋さんを偲んで、我が家の冷蔵庫で大切に保管されている「義侠」の古酒をそろそろいただこうかな!と思っています。

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

畢竟の酒「義侠」の真実 [ 浅賀祐一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/6/16時点)

楽天で購入

 

いただきました!! 「玉川 純米吟醸 手つけず原酒 無濾過生原酒(祝)」

 木下酒造の「玉川 純米吟醸   手つけず原酒  無濾過生原酒(祝)」をいただきました。以前にツイートで見かけて気になっていたお酒です。

 玉川と言えば、しっかりした味わいで常温かぬる燗が旨い!、あるいはロックで頂く前提の「アイスブレーカー」のイメージでしたが、これはまた趣が異なる味わいです。

f:id:shimonof13:20190622221439p:plain

 ただフレッシュなのではない。玉川らしく、根性がある感じの「ド!フレッシュ」とでも言う感じでしょうか?軽いフレッシュ感ではなく、重い?ガッツのあるフレッシュ感なんです。この日は出張先の宿で頂いたのですが揚げ物とのマリアージュもばっちりで、カニクリームコロッケ、ミンチカツがあいました。

f:id:shimonof13:20190622221522p:plain

 日本酒の定番の肴と言えば魚貝ですが、この酒は肉の方がいいと思います。

 後日、串カツとも合わしたのですが、ガッツリ合います。そして、当初、肉の方が断然いいと思ったのですが、「ホタテの稚貝のレンジ蒸し」や「アサリの酒蒸し」も合いました。貝の持つ濃厚な味わいと玉川の相性がいいのでしょうね(^_^)

 

 「木下酒造の玉川」と言えばイギリス人のフィリップ・ハーパーさんが杜氏をされている事はご存知の方も多いかと思います。映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」の主役のお一人ですからね。

 この映画はもちろん見ました。そして、なんと先日たまたま訪れた銘酒の揃った居酒屋に酔った、もとい寄った際に店長さんが「フィリップ・ハーパーさんが見えているよ。」と教えてくれました。なんという偶然でしょう。丁度、同じ蔵の方が近くに来られたので、挨拶させていただいて良いか確認し許可を頂いたので、挨拶させていただきしばしお話しさせていただき最後に握手させていただきました。

nawan13.hatenablog.com

 その後、帰宅して「カンパイ!世界が恋する日本酒」のDVDを見ながら晩酌させていただきました。この日は会社の宴会でビアガーデンだったので日本酒が飲みたかったのです。残念ながら玉川はすでに飲み干していたので、他の蔵のお酒ですが・・・

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カンパイ!世界が恋する日本酒 [ フィリップ・ハーパー ]
価格:4939円(税別、送料別)(2019/6/23時点)

楽天で購入

 

いただきました!! 「酒屋八兵衛 純米吟醸無濾過生原酒」

 先日、伏見のShusendo miniに行った際に蔵元の玄坂さんが見えていて、店頭で愛妻と一緒に試飲させていただきました。

 元坂酒造では「酒屋八兵衛」という銘柄のお酒を醸しています。数年前に持ち寄りの日本酒の会に酒友大先輩が持ってこられて、それ以来お気に入りのお酒です。

 試飲させていただいた中で一番気に入った「純米吟醸無濾過生原酒」を購入させていただき、後日ゆっくりと我が家で飲みました。

 酒米三重県産五百万石、山田錦の2種類が使われており、精米歩合は55%です。

f:id:shimonof13:20190609231725p:plain
 豊かな旨味。そして旨味の向こう側に隠れている酸味が独特のバランスを作り出しています。

裏ラベルには

『グラス一杯の驚きよりも、一晩の安らぎを』 とあるのですが、まさしくそのポリシーを体現した味わいです。

 過度な香りも無ければ、強すぎる味も無い。自分は食事を共に呑むのが好きなので、この味わいがいい塩梅です。(つい飲み過ぎてしまうかも(^_^;)

f:id:shimonof13:20190609231747p:plain

 このお酒を飲むと、店頭で注いでくれた朴訥な雰囲気の元坂さんのお顔が思い浮かびます。そんな味わいです。

 そして開栓してから数日後再度いただきました。すると、まろやかさが増しています。

このお酒は、一升瓶で買って、開栓後の変化を楽しむのが良さそうです。変化する前に飲み切ってしまいそうですが(^_^)

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

いただきました!! 「所酒造 ミーノ・デ・ブラン」

 「房島屋」を醸す所酒造が初めて白麹を使って醸したお酒です。

裏ラベルを見ると「美濃の地で酒屋を営む若手店主たちが企画した日本酒」とあります。そういう訳だと思いますが「所酒造」とはラベルにありますが「房島屋」とはどこにも書かれていません。さて、どんな味わいでしょうか?最近はいろいろな蔵で白麹が使われているので、全くの未知数ではありません。

 そして味わいます。所さんとの付き合いは長いのですが、今まで飲んだ「房島屋」とは全く違う味わいです。

 他の白麹の日本酒の特徴であるクエン酸感は、それほどでもありません。

しかし、「房島屋」と比べると、明らかに違うのは白麹の効果でしょう。

f:id:shimonof13:20190602191100p:plain

 味わいは、生酒らしく、フレッシュ感があり、スルスルと飲めるタイプです。

 ですが、マリアージュに悩みます。和食という感じではないかな?フライ物とか、イタリアン?なんかが合うような気がします。飲み干す前に試してみよう!

f:id:shimonof13:20190602191120p:plain


 開栓から1週間ほど経つとインパクトはおとなしくなってきたが、マイルドさが顔を出してきました。また酸味も出てきました。この酸味はやはり房島屋の持ち味かな?しばらく前にネットで見た竹輪に明太子を乗せてマヨネーズをかけて焼く肴を作ってみたら、これが結構合いました。明太子がなかったのでタラコでしたが(^_^;

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「富久長 草(くさ) 純米大吟醸」

「富久長 草  純米大吟醸」をいただきました。

映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」とコラボレーションした限定酒です。今田美穂さんの作品です。

f:id:shimonof13:20190609213031p:plain

 「カンパイ!日本酒に恋した女たち」の主人公の一人である千葉麻里絵さんのお店「GEM by moto」に行かないと飲めないかと思っていましたが、偶然出張の際に、宿のそばの酒屋で発見しました!初めは気付かず、どれにしようかな?、と物色していたら、美穂さんからウィンクされた気がしました。そして、このお酒と目が合いました。もう、買わずには入れません(^_^)

 会計時に店員さんとこの映画の話もできてテンションが上がりました。

nawan13.hatenablog.com

 

 このお酒は「八反錦」のルーツである「八反草」で醸されてます。「八反草」は富久長の今田美穂さんが復活させた古いお米です。八反草のお酒は以前飲んでその旨さは経験済みなので期待大です!!

 

f:id:shimonof13:20190609213051p:plain

 生の表示が無いので、火入れだと思いますが、フレッシュ感が残っています。

 古いお米ならではの力強い旨味とフレッシュ感がいいハーモニーです。ガス感も微かにあり、いい感じです。映画で見た美穂さんのカッコよさとかわいさのコラボレーションが、そのまんまお酒の味わいに体現されています。

この日の肴は、スーパーで買ったハムカツ、ミンチカツ、刺身の盛合せ、枝豆、胡麻豆腐です。どの肴にも草が合います。ミンチカツも良く合うが、ハムカツは千葉麻里絵さんのブルーチーズ入りハムカツならもっと合う気がします。

 「京・おばんざい素」のアジフライにたっぷりとタルタルソースをつけても、きっとすごくいい!!合わせてみたいです。

 

PS.出張先で購入したのですが愛妻にも飲ませたいので、四合瓶用のクーラーバッグに保冷剤を入れて持ち帰りました(^_^)

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村