なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

システム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

いただきました!! 「宗玄 純米無濾過生原酒 八反錦 55%精米」

 酒友大先輩が絶賛されていたので、購入したお酒です(^_^)
丁度お店に2本残っていたので、酒友大先輩と私で1本ずつ購入しました。

f:id:shimonof13:20170918200539p:plain

 口に含むと味わいというか旨みというか、ふわ~~っとした広がりを感じます。舌の上を転がすと、大抵のお酒ではちょっとした刺激というか角を感じるのですが、このお酒にはそれがありません。かと言って、腰砕けな柔らかいだけのお酒ではありません。宗玄の全てを知っているわけではありませんが、おそらく宗玄にはそういう軟弱?なタイプはないかと思います。坂口杜氏の醸すお酒が軟弱な訳がない!! (^_^; 以前蔵見学をさせていただいた際には、柔らかな笑顔で丁寧に説明していただきましたが、いざ造りの時期に蔵に入ると厳しいお顔になるであろうことが想像できます。王祿の丈径さんも冬の造りの間は「鬼」になると聞いています。 この辺りの内容は山同敦子さんの「愛と情熱の日本酒 魂を揺さぶる造り酒屋たち」に書かれていますので王禄ファン必見です!!

nawan13.hatenablog.com

f:id:shimonof13:20170918200625p:plain

 この宗玄、適度な甘さが体に優しい感じです。強烈なフレッシュ感や吟醸香(そもそも吟醸酒ではありませんが)、ガス感等の突出したインパクトはないのですが、その分食中酒としては、かなりイケテル!! そんな気がします。

 

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫) (文庫) / 山同敦子

 宗玄の蔵の売店で珍味を販売しているのを購入したことがあります。きっとこのお酒と合うだろうなぁ!! 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「新政 No.6 H-Type」

 新政の生酒『No.6 H-Type』をいただきました。通常のNo.6はR、S、Xの3種類ですがはせがわ酒店用の特別モデルなのでH-Typeと言うようです。新政は私のお気に入りの一つで、その中でも「No.6」シリーズは生酒好きの私としては好きなタイプです。コストパフォーマンス的にはS-Typeが一番バランスが取れていると思うのですが、初めて『X-Type』を飲んだ時には「おおっ!!旨い、上手い、美味い」と感激しました。お値段が少々お高め(^_^; なので、いつもいつも飲めるわけではありませんが、新政好きなら一度は飲んでみるべきお酒かと思います。(ちなみに、いつも飲もうと思っても入手できないかと思いますが・・・(^_^;)

 

f:id:shimonof13:20170905220922p:plain

 そんな『No.6 H-Type』ですが、東京に行った際に東京駅内の「はせがわ酒店」で数年前にもゲットしたことがありました。確か東京駅グランスタ店の3周年の記念酒だったかと思います。その時のH-Typeは今回入手した物と瓶のデザインも違っていたかと思います。おぼろげな記憶ではほぼS-Typeのようなデザインだったような気がします。味もS-Typeと余り変わらなかったような・・・・気がします。

 しかし、今回の『H-Type』はデザインからして違っていました!!入手できなかった昨年末のクリスマスバージョンを思わせるスペシャル感があります。これは買うしかない!!お気に入りのお酒がゲットできた時は出張の疲れなんて、どっかに行っちゃいます(^_^)

f:id:shimonof13:20170905220945p:plain

 そして、数日後自宅でゆっくりといただきした。すぐに飲まなかったのは長距離を旅させたお酒は少々落ち着かせてから飲んだ方が良いと聞いたことがあるのと、せっかくのスペシャルなお酒をいただくのだから体調を整え、いい肴を用意しないともったいないからです。

 そして、いざいただきます!! おおっ!! これぞ『新政』です。しかも上質です。良く知っている「新政感」です。フレッシュさ、酸味、旨み、ガス感のハーモニー(^_^)『S-Type』と『X-Type』の中間と言ったところでしょうか。う~ん、出会えて良かったです(^_^)

 我が家の冷蔵庫で待機している他の新政達にも、そろそろ出場してもらおうかな~!!

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました! 「王祿 丈径(おうろく たけみち) ブルー」

 島根県の誇る銘酒「王祿」と出会ったのは、かれこれ20年以上前になるかと思います。初めて飲んだ、その瞬間に、そのパワフルな味わいに打ちのめされました。それ以来、私のお気に入りのお酒です。そんな「王祿」を再認識したのが山同敦子さんの著書で「王祿」が紹介された記事でした。

 

読みました!! 「愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち」 - なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

nawan13.hatenablog.com

f:id:shimonof13:20170821224417p:plain

 今回いただいたのは「王祿 丈径ブルー」です。以前いただいた「王祿 丈径」の「山中酒の店」限定版です。山同敦子さんの著書を読んだ方はご存知かと思いますが、「山中酒の店」が「王祿」を育てたと言っても過言ではないかと思います。先日、初めて「山中酒の店」に行ったのですが、いろんなお酒を眺めて「何を買おうかなぁ~」と物色しつつ店内の奥を進んでいったところで、この「王祿 丈径ブルー」と出会い、これはもう買うしかない!と思いました。ただ、通常の「丈径」とは何か違い限定品なのは分かるのですが、何が違うのか良く分からないので、試飲コーナーで通常の「丈径」と「丈径ブルー」を比較試飲させていただきました。お店の方によると「ブルー」は加水されているが、いわゆる「夏酒」ではないとのこと。まずは通常の「丈径」をいただきます。うんうん、これです、これです。ガツンとパワフルながら洗練された味わいがあります。そして、次に「丈径ブルー」をいただきます。加水されているかといって決して薄くなっている感じはありません。

f:id:shimonof13:20170821224528p:plain

 これは私の想像になりますが、加水と言ってもごく少量かと思います。「丈径」のパワフルさはそのままにエレガントさが加わっているように感じます。これは「加水」という名の微調整『技』の一つではないのでしょうか? 以前ある蔵の杜氏さんとお話しさせていただいて「アル添には技術が必要で、ある意味、純米造りよりも難しい。」と聞いたことがあります。{個人的にはアル添酒は好みではない場合が多いので積極的に飲むことはありませんが、いいお酒があることを理解していますし、実際に飲んでそう感じたこともあります。私は純米指向ですが、純米信仰ではありません(^_^;}そう言った「アル添の技術」と似た感じで「加水」によって味わいのバランスを微調整して最適なところに持って行っているのではないでしょうか?

 山同敦子さんは「丈径ブルー」飲まれたことがあるのかなぁ?いつかお会いしてお酒の感想を語り合いたいです!

 

※「丈径ブルー」と表記は表ラベルにも裏ラベルにもありませんが、「山中酒の店」のレシートに表記されていましたので、そのまま使わせていただきました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本酒ドラマチック 進化と熱狂の時代 [ 山同敦子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)


 

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極上の酒を生む土と人大地を醸す (講談社+α文庫) [ 山同敦子 ]
価格:1007円(税込、送料無料) (2017/8/22時点)


 

 

nawan13.hatenablog.com

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

夏こそ『お燗』!!

 今年の夏は、と言うか今年の夏も暑いですね~。こう暑いと仕事が終わって帰宅したらキンキンに冷えたビールをグイっとやるか、よ~く冷やした取っておきの冷酒を上質の冷奴など、さっぱりしたおつまみでやりたいところかと思います。

 ですが、以前から日本酒のイベントで散々飲んだ後で「燗酒」をいただくとなんだか体がほっこりすることを感じていました。初めてそう感じたのはあるイベントで「るみ子の酒」のるみ子さんから燗酒を注いでもらって飲んだ時です。あの時の燗酒のやさしさは印象的でした。で、ここのところ、暑いのですが「ちょっと燗酒にしてみようかな?」と思いました。なんだか疲れが取れそうな気がしたんです。(根拠はありません!!(^_^;)

 そんな折にツイッターでこんな記事を見かけました。

www.leon.jp

 なるほど、私の思い込みではなかったのですね!! 冷たい飲み物って口当たりはいいのですが、量が多いと身体に負担をかけるような気がします。ここんとこ身体の声を感じて自然と昼間でも冷たい飲み物は余り取らず、ホットコーヒーとかホットティー、レモン酢のお湯割りなんかを飲んでます。

 で、久々に「燗たのし」に出動していただきました。

nawan13.hatenablog.com

 1番バッターは「六歌仙 蔵のかくし酒」です。しばらく前に持ち寄りの日本酒の会で余った分をいただいたお酒です。このお酒、冷酒でもいいのですが、会の際に飲みながら「これって、燗でもイケるタイプかも?」と感じていました。

f:id:shimonof13:20170814213513p:plain

  思惑通り、温度が上がってもいい塩梅の味わいでした。ただ冬と違って、温度の上がり方が早いんです。気温が全然違うので当然なのですが、みるみる50℃を超えてしまい、慌ててチロリを引き上げました。で、まずはそのままいただく、ちょっと熱いけどいい感じ。そして、しばらくおいて「燗冷まし」で40℃くらいでいただく。「おおっ! この感じがベストかも?」温度変化が楽しめる日本酒って素晴らしいですね(^_^)

f:id:shimonof13:20170821224328p:plain

 次いで二番バッターは「宝剣 純米吟醸」またまた温度を上げすぎて、やや角がでちゃかなぁ? けれど、この「宝剣」も「燗冷まし」にすると、見事にいろんな味わいが調和していい感じに化けました。しばらく「燗冷まし」にハマるかも(^_^)夏の暑さで疲れた身体をいやしてくれる「燗酒」いいですよ、ぜひお試しあれ!!

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

いただきました!! 「くどき上手 ご法度のブレンド」

 我が家にたまたま?くどき上手が2種類ありました。一つは「愛山純米大吟醸」、もう一つは「八反参拾伍」、どちらもいいお酒だと分かるんですが、残念ながら自分のストライクゾーンからはややずれている感じでした。

f:id:shimonof13:20170814213418p:plain

 で、思いついたのは「ご法度?のブレンド」です。同じ蔵のお酒なので親和性は高いんじゃないかなぁ?と思いました。これを思いついたのには背景があります。それは「裏鍋島」の存在です。「鍋島」は私のお気に入りの一つですが、その鍋島の中では異端の存在です。と言うのは、特A山田錦山田錦・雄山錦・五百万石、各純米吟醸酒のもろみを搾る際の最初(あらばしり)と最後(せめ)の部分をブレンドしたお酒なんです。そんなユニークなお酒は見たことも聞いたこともありませんでした。酒仙洞のツイートで知り、ゲットしようとしたのですが、すでに売り切れでした(T_T)

 後日、東京の酒友が、あるお店で飲む機会があったらしく「良かった~!!」とのこと、うらめしいです、もとい、うらやましい~。

f:id:shimonof13:20170814213431p:plain

 そんな背景もあり、「えいやぁ!」と二つの「くどき上手」をブレンドしてみました。すると、各々でいただいた際には、比較的シャン!とした感じだったのですが、まるで化学反応を起こしたかのように、人柄もとい、酒柄?が変わりました。それまでなかった「柔らかさ」と「とろみ」が醸し出されていたんです。その「とろみ」はまるで「じゅんさい」を口の中に入れたような感じです。

f:id:shimonof13:20170807123729p:plain

 マリアージュの幅もなかなかありそうな感じです。サンマの塩焼きでも白菜の漬物でも合います。

 ブレンドはなかなか危険な賭けだと思いますが、いいお酒だけど、なんかちょっと好みと違うなぁ?と感じた場合は「アリかも?」もっとも保証の限りではありませんが(^_^;

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

いただきました!! 「富久長 海風土(シーフード)」

 広島の今田酒造本店の女性杜氏 今田美穂さんが醸すお酒です。このお酒は「BSフジ 酒旅」と「Amazon 石ちゃんの酒旅」の両方で紹介されており、広島だけあって「牡蠣」とのマリアージュを想定して醸したお酒と言うことで以前から興味がありました。そこで、このお酒を入手したので、当然「牡蠣」と合わせたいので「岩牡蠣」も調達しました(^_^)

f:id:shimonof13:20170723150952p:plain

 魚介類である「牡蠣」と合うように醸されているとのことで、「菊姫の山廃純米」とか「カニに合う 天狗舞」のようなしっかりした濃い目の味わいを想像していたのですが、その味わいは全く異なるものでした。それもそのはず、この「海風土」の麹は「白麹」だったんです。サッパリとした酸味は確かに「白麹」のなせる業のように思います。新政の「亜麻猫」や「射美のホワイト」等、元々焼酎用の「白麹」を使用して醸されるお酒も最近は増えてきているように思います。

f:id:shimonof13:20170723151006p:plain

 果たして、この濃厚な「岩牡蠣」とサッパリとした酸味の「海風土」がどうマリアージュするのか?「酒旅」でしていたように、まず口に「海風土」を口に含み、牡蠣を迎える準備をします。そして牡蠣を口に含むと、自然に付いた強めの潮味を感じつつ、それを包み込むようなマリアージュ!!言葉では表現しきれないのですが、今まで経験してきたマリアージュとは異なるパターンです。なるほど、こういうマリアージュもあるんですね。

 ただ広島でないと入手できないかと思うのですが、「海風土」とのベストマッチは瀬戸内海の島の塩田址(あと)の1年未満の瑞々しい若い牡蠣だそうです。(某酒屋さんが今田美穂さんから直接聞かれたお話し)機会があれば、そこの牡蠣と海風土」とのマリアージュも試してみたいですね。揚げたてのカキフライにレモンを絞っただけ、なんてのもいいかも(^_^)

 

 今日もおいしいお酒に出会えたことに感謝(^_^)

 

価格 四合瓶 ¥1,620(税込み)

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

いただきました!! 「鍋島 純米吟醸 雄町(火入れ)」

 赤穂雄町を50%精米した鍋島です。それはもう『旨い!』に決まっています。グラスを軽く振るとふわっとやさしく旨みを予感させてくれる香りがします。

f:id:shimonof13:20170723113935p:plain

 口に含むと舌に自然と馴染んでいくような味わいです。開栓する際に結構いい音がしたのでもっとガス感があるのかと思ったのですが、やや優しめです。そう言えば、このお酒は火入れでした。舌の上で はじけるほどではないけれど、優しいガス感からくるフレッシュ感があります。想像ですが、「火入れ」と言っても、ガッチリ!という感じではなく、フレッシュ感が残るよう丁寧にされているのではないでしょうか?以前、「作」を醸す清水清三郎商店の社長から、「うちは生酒は出さないけれど、フレッシュ感を残すために丁寧に火入れしてます。」と伺ったことがあります。当たり前ですが、日本酒って、絞って瓶に詰めたら終わりではなくて、火入れの方法や保存方法等を含めて呑み手の口に入るまでが大切なんですよね。ですので、好きな銘柄であっても、お店での保管方法がぞんざいであったり、プレミア価格が付いて、どこをどう流通してきたか分からないようなお酒は買いません!

f:id:shimonof13:20170723113957p:plain

 「雄町」のしっかりとした味わいと全体のバランス感がいいですよね~(^_^)

 カラシを多めにつけたサクサクのアジフライと合わせてみても、決して負けない、この『鍋島』×『雄町』のポテンシャル!!今回は一升瓶での購入なのでじっくりと味わえます!

 今日もおいしいお酒に出会えたことに感謝(^_^)

f:id:shimonof13:20170723114019p:plain

価格 一升瓶 ¥3,780(税込み)

 

 

 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村