読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもシステム管理者(日本酒大好き!)

中小企業でシステム管理者兼何でも屋をやってます!日本酒にはこだわりを持ってます。多趣味ですが、その時間がなかなか取れないという悩みが・・・

久々に行きました!! 新橋 屯(たむろ)

 先日、出張の際に久々に新橋の屯に行ってきました。このお店の魅力は魚も肉も旨い料理、そして未知なる日本酒との出会い!

 こちらのお店では、もちろんメニューもあり銘柄を指定して頼むこともできます。先日行った際には、宴会だったのですが、その際に出てくるお酒はお店にお任せなんです。こちらの大将は青森のご出身のようで、青森や北の方、諸々のお酒がいろいろでてくるんです。何度行っても知らないお酒が出てくるんです。蔵の数が減ったとはいえ、やっぱり日本酒の世界はまだまだ広いと言うことでしょうね(^_^)

 

 今回いただいた料理はこちらです。

 

f:id:shimonof13:20160218083744p:plain

 お刺身に氷下魚(こまい)、牛肉のいちぼのたたき、サメのフライにアスパラ菜。燻りがっこ、最後にご飯ものが出ましたが取り忘れていました。

 

屯の宴会の初めは毎回「白神」で始まります。これは、とっくりで出されるので写真は残念ながらありません。

 お酒はこんなのです。

f:id:shimonof13:20160218084027p:plain

純米吟醸 角右衛門 無圧上槽 中汲み」は酸が効いていて、独特の旨みを持つタイプ。独特ですがいい感じです。独特の旨みの中にはまれに「ちょっと苦手だなぁ」とタイプもありますが、これの独特さは初めて出会っただけで、やな感じはなく、「面白いなぁ」という感想を持たせる旨みでした。

「華吹雪55 特別純米 稲生」はややずっしり系の「米!」という感じ。「華吹雪という酒米を55%精米されているので純米吟醸を名乗れるのですが、あえて特別純米としているようです。確かに味わい的にも「特別純米」のしっくりくる感じがします。

f:id:shimonof13:20160218084044p:plain

 

f:id:shimonof13:20160218084118p:plain

f:id:shimonof13:20160218084150p:plain

 その中で、津島屋が出てきました。屯に初めて来た日にメニューに「津島屋」を見つけていましたし、酒年は「三十九才の春」もいただきました。

 今回の津島屋は「純米吟醸 越中産雄山錦 無濾過生原酒」です。一緒に飲んでいた面々も気に入ったようです。もうすぐ「四十才の春」が発売されるかと思いますが、今から楽しみです(^_^)

f:id:shimonof13:20160218085523p:plain

いやぁ~、よく食べて、よく飲みました。翌日の体重にしっかりと反映してました(^_^;

 

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村